自由な仕事Navi TOP » 見た目は関係なし!服装が自由な仕事一覧 » 翻訳家

翻訳家

海外の言葉を日本語に訳すのが翻訳家の仕事です。ここでは、翻訳家に向いている人、気になる翻訳家の将来性や一日の流れ、働き方や収入情報についてまとめてご紹介しています。翻訳家を目指す方は参考にしてみてください。

翻訳家に向いているのはこんな人!

翻訳家の仕事は、どんな人が向いているのでしょうか。安定して稼げる翻訳家になるには、いくつかの要素が求められます。以下に具体例をご紹介します。

長時間、机に向かうのが苦でない人

翻訳家は翻訳作業が主な業務です。長時間机に向かい、黙々と作業をします。翻訳ミスが出ないように正確かつ丁寧に翻訳作業をする必要があるので、かなりの集中力が必要です。一日中座りっぱなしというケースも珍しくありません。翻訳家になるための前提条件として、机に向かい作業をするのが苦でない方があげられます。

学び続ける向上心がある人

翻訳作業はただ文字を日本語に訳すだけ、というものではありません。正確に訳すには、相手の国の文化や歴史的背景、最新事情といった幅広い知識が必要となります。語学力はもちろん必要ですが、相手の国への関心度を常に高く持ち、向上心を持ち学び続けられる方は、翻訳家に向いていると言えます。

読者目線に立てる人

翻訳家は読者に向けて海外の言葉を日本語に訳す仕事です。読者目線に立ち、読みやすい日本語訳になっているか、わかりにくい表現や言葉がないか、翻訳文を見直していきます。読者のことを常に考えられる方は翻訳家に向いていると言えるでしょう。

スケジュール管理が重要 翻訳家の一日

翻訳家の一日は企業勤めかフリーランスかによって異なります。ここでは一例として、フリーランスの翻訳家の一日の流れを紹介します。

7:00起床。朝の身支度を終え、メールチェック。レギュラー案件は早めに片付ける。

9:00新規案件の業務開始。

10:00打ち合わせのため外出。

10:00打ち合わせ開始。一時間ほどで終了。

12:00帰宅して昼食。

13:00業務再開。

15:00専門用語のリサーチ、資料収集のため図書館へ。

17:30完成した案件を依頼人へ送付。夕食を食べ、一段落。

案件を多く抱えている場合、夜遅くまで作業をすることもあります。

仕事も生活も!楽しく働ける仕事の選び方

専門性の高い翻訳ほど高単価

翻訳家は収入に大きな差があります。企業所属の場合、月給で安定した収入が得られますが、翻訳家として企業所属をしている方はごく一部です。ほとんどの場合はフリーランスとなります。フリーランスの場合、収入は翻訳する文字数×単価となります。案件によって文字数や単価は異なるので、収入に差が出やすいです。専門性が高くなるほど単価も高くなります。

フリーランスなら仕事をする時間も自由

企業所属の翻訳家の場合、一般的なサラリーマンと同じ時間に働き、企業が定めた時間内に案件を処理します。一方でフリーランスの場合、勤務時間は自分の裁量なので自由に選ぶことが可能です。ただし、案件を締め切りまでにきちんと処理できるかどうか、時間配分やスケジュール作成など、全て自分で決めなければなりません。

ビジネススタイルの変化で個人事業者が増加

翻訳家の仕事はフリーランスが一般的というのは先述したとおりで、個人事業者が増加しています。一部の翻訳は機械化が可能ですが、専門性の高い内容は翻訳家の知識と技術が必要です。ビジネススタイルは時代とともに変化するので、柔軟な対応が求められます。

あなたにとって自由な仕事が分かる!職業一覧