自由な仕事Navi TOP » 見た目は関係なし!服装が自由な仕事一覧

見た目は関係なし!服装が自由な仕事一覧

どんな仕事があるかをご紹介する前に、ここではまず、服装が自由な仕事のメリットと注意点を確認しましょう。

経済的なメリットも大の服装が自由な仕事

制服がなく服装が自由な仕事を希望する方の多くは、なんといっても楽で自分らしいお洒落が楽しめるという点に魅力を感じているようです。

しかし服装が自由な仕事の良いところは、それだけではありません。実は経済的、というメリットがあります。

制服の場合、殆どは勤務先で用意してもらえますが、制服に合わせたシューズやシャツなどは一部自前、という場合もあります。クリーニングや洗濯を自費負担となることも。

また、制服がない場合でも、スーツやビジネスにふさわしい服装など、仕事ようにプライベートとは別に洋服を用意しなければならない場合があります。

普段着る服を着ていきたい、職場用に服を新たに購入したくない、という場合は「制服なし」だけではなく「服装自由」であるかどうかも確認しましょう。

制服がないと、こんなデメリットも…

一方、特に女性の多い職場の場合は、私服でいつも同じ服を着ているというわけにもいかず、コーディネートに時間を取られるという理由が多く、意外なことに洋服代が増えるという人もいました。

おしゃれにこだわりすぎてスーツ以上のお金がかかるという人と、洋服の傷みが激しいので買い替えに費用がかさむといった意見も。一般的に毎日着用することを想定して作られている制服に比べて、普段着は耐久性が乏しく、仕事着として着用するには頻度が高すてしまうようです。

その他にも、オンとオフの明確な境目がなくなるといった理由や毎日同じ型に入る制服にあわせて体型を維持していたが、自由になったことでラフな締め付けないタイプの服が多くなり、太ったというユニークなものもありました。

これらのデメリットを考慮しても、自分の好みの服を着たい!仕事のモチベーションが上がるという方は、服装が自由な仕事に向いています。

では服装が自由な仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

こんなにある!服装が自由な仕事

「制服なし」としていることが多い、いくつかの具体的な職種や職業について解説しています。

アパレル

好きな服が着たいという人にはぴったりなアパレルの職業は、おしゃれが大好きな女子に人気です。そのお店で販売しているブランドの服を着て仕事ができ、割引価格で購入することができます。

割引額や給与はどれくらいなのでしょうか。また、お休みはとりやすいのかなど、アパレルの仕事内容をまとめています。

アパレルの仕事内容を見てみる

工場・倉庫

商品はその会社によっては食品、小物から洋服、電化製品の部品など様々です。

服装自由といっても、お化粧や髪型はどこまで自由なんだろう?そんな疑問について、まとめています。

工場・倉庫の仕事内容を見てみる

テレフォンオペレーター

自由のお仕事といったら、テレフォンオペレーターだけど、実は具体的な仕事の内容は知らないという方のために、1日の仕事の流れや、どんな仕事があるのかまとめています。

ひと昔前までは、スーツや制服を着用して勤務というスタイルがあたりまえで、営業などは現在でもスーツ勤務が基本ですから、スーツ勤務を良しとする考えは依然として根強いのでしょう。

しかし、働き方が多様化するとともに、こうした職場の暗黙のルールも薄れ、人と対面することが少ない職種やIT系などを中心に服装自由をアピールする求人広告も多く見かけるようになりました。

求人の実態をもう少し詳しく知りたい、そんな方は、こちらのページを是非ご参考にしてください。

テレフォンオペレーターの仕事内容を見てみる

美容師

「おしゃれな人が行う仕事」というイメージが強い美容師。ハサミやクシをスマートに使いこなす姿にあこがれる人は多いのではないでしょうか。技術を磨いてお客さんからの指名を獲得したり、自分でお店をオープンさせたりすることも可能です。1日の仕事の流れや、どんな職場があるのかまとめています。

美容師の仕事内容を見てみる

ライター

ライターは、書籍や雑誌などの紙媒体からネットニュースの記事までさまざまな場面で活躍できる専門技術が必要です。自分の考えを、自分なりの言葉でいろんな人に伝えたいという方におすすめ。こちらのページでは、ライターの仕事内容やフリーランスになった場合の給与面などのことを紹介しています。

ライターの仕事内容を見てみる

個人投資家

個人投資家は自分の裁量で自由に仕事ができる職業です。リターンが大きければ高収入も夢ではありませんが、そのために負うリスクもかなり大きくなります。具体的にどのような仕事なのか、詳しい情報をまとめてご紹介しましょう。

個人投資家について詳しく見る

翻訳家

翻訳家の仕事は、海外の言葉を日本語に訳すだけではありません。語学力はもちろん、表現力や文章構成能力、読者目線に立った翻訳が必要です。また、翻訳家の働き方は雇用体系によって大きく異なります。気になる将来性も併せてご紹介しましょう。

翻訳家について詳しく見る

ファッションデザイナー

ファッション業界の中でも華やかな存在で憧れの的!クリエイティブでセンスが求められる仕事なので、服装も自由です。仕事の最大の魅力は、自分のデザインした商品が世に出回ったとき。ファッションショーで発表されたとき、街で自分がデザインした服を身に着けている人を見たときは嬉しくなります。ヒット商品が生まれ、売れっ子になれば自分のブランドを持つことも夢ではありません!そんな魅力あふれるファッションデザイナーについて、まとめています。

ファッションデザイナーの仕事内容を見てみる

服装が自由な職業に気になるものありましたか。毎日オシャレをして勤務先に向かうことは、楽しみの一つになり仕事への意欲も上がります。一方でいつも同じ服を着ているというわけにもいかず、コーディネートに時間がかかり逆に負担になることも記載しました。

また、いくら服装が自由と言っても、奇抜過ぎるファッションは職場へ向かう恰好としては考えものです。そうなると仕事用の服を別に用意する必要がでてくるということは冒頭で説明した通りです。不本意な買い物は、自分が本当に好きな服を買うための資金を減らしてしまいます。

仕事と趣味を切り離して考えることができるなら、制服が支給される仕事の方が、自分が本当に好きな服を買うことにお金をかけることができるという発想も持っておくべきでしょう。

私服でも制服でもメリット・デメリットはそれぞれありますが、服装が自由ということ以外にもワークライフバランスも考えて、職業を選ぶことが重要です。

私生活も充実!休みがしっかりとれる仕事