自由な仕事Navi TOP » 時間に縛られない働き方勤務時間が自由な仕事 » Uber Eats

UberEatsの配達員

UberEatsの配達員ってどんな仕事?

レストランから注文をしたお客さまのところまで、自転車やバイクで配達をするお仕事です。指定のエリアでアプリを起動し待機していれば、注文が入ってくる仕組みです。ノルマがあるわけではなく、仕事をしたいタイミングでアプリを起動して受注。お給料も完全出来高制です。

仕事の流れ

UberEatsの仕事をはじめるにあたっては、面接などがあるわけではありません。条件は18歳以上・日本での就労が可能であることだけです。WEBから登録し、各地にあるパートナーセンターで登録の手続きを行うことで、仕事を始めることができます。

登録が完了したら、いつでも仕事が始められます。UberEatsには専用のアプリがあるので、仕事をしたいときにアプリを立ち上げておけば注文が入ってくる仕組み。注文を受けたらレストランで料理を受け取り、お客さんのところまで配達します。

UberEatsのアプリは地図アプリとも連動しており、お客様のお宅までのナビゲーションもしてくれます。電話で連絡することもできるので、迷ったときでも安心です。

移動手段は?

配達に使うのはバイクか自転車です。バイクの場合、事前の申請が必要になります。WEBでの登録の際に、免許証・ナンバープレートの写真・自賠責の証明書のアップロードが必要です。それらの書類が承認されれば、バイクでの配達が可能になります。

バイクや自転車を自分で持っていないという人でも、自転車をレンタルすることができます。レンタルの中には、シェアサイクルも含まれています。ドコモバイクシェアが月額4,000円で自由に利用できます。都内各地にレンタルできるポートがあり、返却時には別のポートを使うことができるため非常に便利です。電動アシスト機能がついているので、都内の坂道でも楽々配達することができます。

お給料は?

仕事をした分だけお給料に反映されるので、本当に人それぞれですが平均で日給12,000円ほどのようです。具体的な報酬体系としては基本報酬+ブースト+インセンティブの合計になります。基本報酬は配達距離によって決まり、ブーストは注文の多い時間帯に上がる報酬、インセンティブは配達件数での追加報酬を指します。

ブーストは、注文の多い時間帯に発生しますが、エリアによって倍率も異なります。例えば、注文が非常に多い東京都港区のランチタイムなどは、他のエリアと比べても高い倍率のブーストが発生するのです。時間帯とエリアを見て、倍率の高いところを狙っていくのがUberEatsで稼ぐ一つのポイントと言えそうです。

インセンティブは、事前に示される配達件数による追加報酬です。1日で何件の配達をすると追加で報酬がもらえるというミッションが課され、クリアするとインセンティブが給料に加わります。距離の短い注文を多くこなし、インセンティブで効率よく稼ぐという人もいらっしゃるようです。

UberEatsの仕事はどれぐらい自由なの?

まさに「自由な仕事」と言えるUberEatsの配達。実際どれぐらい自由なのか、まとめていきます。

働く時間をその日の気分で決められる

アプリを起動して注文を受けることで、仕事が発生するのがUberEats。逆に言えば、注文を受けなければ働く必要はありません。1日の中でも、注文の多いランチタイムとディナータイムの間などはブーストの発生率も下がるので、逆に注文を受けないといった選択をすることもできるのです。

元気のある日だけ働く、晴れの日だけ働く、といったこともできます。自分の裁量で全て決めることができますし、働いた分だけ稼ぐことが可能なのです。

ただし、当然ですが注文を受けなければ給料は入ってきません。自分で目標を立てて、何件配達する・何円稼ぐといったところに向かって自分で頑張る必要がありそうです。

服装も自由

UberEatsは服装にも規定はありません。なので自由な服装で仕事をすることができます。ただし、バイクや自転車での移動になるため、動きやすい服装である必要はあります。

また、注意しなければならないのは配達員を「評価」するシステムがあること。お店やお客様から低評価がつけられると、仕事がまわってこなくなる可能性も考えられます。そのため、悪い印象を与えないような服装や振る舞いが求められることは間違いないようです。

人間関係も自由

特定の店舗に所属するというわけではないので、誰かと仕事をするということが全くありません。関わるタイミングがあるとすれば、お店で料理を受け取るときと、お客様に料理を渡すときぐらいでしょうか。お客様に料理を渡すときも、一部の商品を除いてこれといった手続きは不要です。

あるとすれば、お客様の家にたどりつけず迷子になってしまったときに連絡するときぐらいです。ちなみに電話連絡をしてお客様と連絡がとれない場合、5分が経過すると注文がキャンセルになります。報酬は支払われるので、問題はありません。

UberEatsのデメリット

自由に稼げる、魅力的なUberEatsですが、デメリットもあるのでそれを把握した上で検討するべきでしょう。

まず、交通費は自己負担です。郊外に住んでいる人であれば、電車で都心などに移動してきてそこから配達を開始することになります。ランチタイムとディナータイムの間に注文が来ないタイミングもあり、そこで休憩のためにカフェなどを利用すれば、その費用もかさんでしまうでしょう。

あとは、天気によって配達しづらい日も当然あります。雨の日などは自転車やバイクでUberEatsのカゴを持って都心を走るのは少し勇気が必要だったりします。ただし、そういった日は注文も多く、インセンティブも発生しやすいため逆に稼ぎどきと捉えられればチャンスにはなるかもしれません。

最後は、給料の保証等はないことです。働かなければ、ただ給料が入らないだけとなっていて、「最低でもこれだけはもらえます」といったラインは存在していません。体力的に厳しくても、働かないといけない日が出てくる可能性はあります。

自由度が高いからこそ、大変な部分もあります。ただ、自分の決めた時間だけ働きたいという人には間違いなく向いている仕事だとは思うので、興味のある人は一度チェックしてみてもいいかもしれません。

UberEatsで稼ぐためのコツとは

UberEatsは料理宅配サービスの新しい形で、店舗に勤めるのではなくUberEatsにドライバーとして登録することで、誰でも配達員として働くことができます。ここではUberEatsで稼ぐためのコツをご紹介します。

働けるときにがっつり稼ぐ

UberEatsの給与体系は歩合制です。配達件数が多ければ多いほど、収入がアップします。そのためスケジュールを調節して自分が働けるタイミングでしっかり働けば、その分給与に繋がることに。ほかの仕事との兼ね合いやスケジュールが空いている日など、自分の都合のいい日に稼げるのもメリットの一つです。配達業務で体力を使うので、体調の良し悪しで働くかどうかを決められるのもポイント。元気なときに一気に配達すれば、その分給与もアップします。一件ごとの配達単価が低い場合でも、集中して働けばそれなりに収入アップに。自分の好きなタイミングで働けるのがUberEatsの特徴なので、がっつり働けるときにしっかり稼ぐというフレキシブルな働き方が可能です。

原付で配達する

配達方法は自由です。自転車を使っても良いですし、バイクを使って配達してもOKです。しかし、自転車は体力を使う配達方法で、何件も配達したいという場合は効率的ではありません。疲れてしまったらそれ以上配達ができないので、体力に自信のある方でも、あまりおすすめできる配達方法ではありません。一方バイクは配達単価が高く、あまり体力を使わず移動ができるので、効率的な配達が可能。その分稼ぎもアップします。しかし、バイクを購入するのはハードルが高いと感じる方もいるかもしれません。そこでおすすめなのが原付です。原付はバイクより安くて運転も簡単。小回りが利いてスペースを取らないので、配達業務にぴったりの乗り物と言えます。

配達数が多いエリアを狙う

完全歩合制のUberEatsは、配達すればするほど給与がアップします。つまり、利用者が多いエリアを狙えば自然と配達数も増え、給与アップに繋がるのです。配達数の多さは、エリア周辺の住民数だけでなく、UberEatsのサービス利用者数に比例します。レストランが多いエリアでも、UberEatsを利用していない方、たとえばアプリの利用が難しい高齢者が多いエリアでは、配達数は期待できません。どのエリアでUberEatsを使った注文数が多いかは、データの分析が必要になります。こまめにデータをチェックして配達数が多いエリアを見つけ、そのエリアを中心に配達するとより効率的に稼げるでしょう。

UberEatsは本当に自由な仕事と言えるのか?

自由という観点で見たUberEatsのメリット

UberEatsでは勤務時間は定められていないので、自分の好きな時間に好きなだけ働けます。ほかの仕事とのWワーク、空いた時間に稼ぐなど、勤務時間の自由度はかなり高い仕事です。また、服装も規定がないので、仕事用に服をわざわざ揃える必要もありません。誰でもすぐに始めることができます。UberEatsは、注文の待機時間中の過ごし方も自由です。お茶を飲んだり本を読んだりなど、注文がくるまで自分の好きなように過ごせます。また、注文がきても受けるか受けないかは自分で決めることができるので、さまざまな点で自由度の高い仕事と言えるのです。

自由という観点で見たUberEatsのデメリット

自由と言う観点で見ればUberEatsはかなり条件のいい仕事に見えますが、反面デメリットも存在します。まず、注文は毎日一定数、安定してくるものではありません。このため必ず稼げる仕事ではなく、給与面での安定さに欠けます。また、配達がメインの仕事なので天候や気温に左右されがちです。内勤と比べ体力が必要な仕事と言えます。さらに、自分で勤務時間を決められるので、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまう状況に。自分を律する能力が求められる仕事です。完全に自由な仕事より、給与が安定しており天候に左右されない仕事も探してみてもいいでしょう。

あなたにとって自由な仕事が分かる!職業一覧