自由な仕事Navi TOP » 時間に縛られない働き方勤務時間が自由な仕事 » FX専業トレーダー

FX専業トレーダー

FX専業トレーダー FX専業トレーダーと聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。

「お金持ち」「自由」「収入が不安定」…などなどあると思います。実はこれらは全て正解です。

さて、ここではそんな専業トレーダーについて、トレーダーになる前に押えておきたいことと、なった際のメリット・デメリットを紹介します。専業トレーダーに転身する際の参考にしてください。

FX専業トレーダーになる前に知っておきたいこと

まず、FX専業トレーダーになる前に知っておきたいことを押えておきましょう。

スキルが十分か?

右も左もわからないまま、FX専業トレーダーになるという方は確実に失敗します。

FX専業トレーダーは、イメージとしてギャンブルのようなものと思われているようですが、実は プロップディーラーのように、しっかりとした金融に関する知識・スキルがなければ務まらない職種です。

特に専業だと、FXで勝たなければ収益もなくなり、生活できなくなりますので日々研鑽が必要となります。今のお仕事を辞めて専業のトレーダーになると考えている方は、安定した収入があるうちにFXのスキルを磨いておきましょう。

メンタルを管理ができるか?

FX専業トレーダーは基本的に時間に縛られない、自由な仕事です。

しかし、収入面に関していえば非常に不安定。この状態でFXを行うと、プレッシャーを強く感じてしまい精神が不安定な状態に陥る方もいるのだとか。また、判断力が落ちてしまい結果負け続けるという、負の連鎖が続いてしまうのだとか。 そのため、自身のメンタルをしっかりとコントロールできることが必要となります。

無職扱いになることも

トレードでいくら稼いでいようとも、FX専業トレーダーにはサラリーマンのように社会的地位は保証されておりません。そのため、例えば住宅ローンやクレジットカードの申請などは非常に難しいものがあります。そのため、上記を利用する予定があるのでしたら事前に済ませてから専業トレーダーになりましょう。

FX専業トレーダーになるメリット・デメリット

FX専業トレーダーになるには、メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで転身を考えた方が無難です。

メリット

FX専業トレーダーのメリットは、自分の思い通りにできる自由な時間を得られるということ。

また、ネットにつながっている(相場を確認できる)場所であれば、どこでも仕事ができるということです。さらに、FXの勉強の時間も確保できますし、兼業(副業)トレーダーと違って、ずっと相場に張っていられるので、勝ちをつかめるチャンスが多くなる、ということも挙げられます。

デメリット

デメリットとしては、金銭・健康・精神面が不安定になりやすいということです。 一攫千金のチャンスはあるのですが、サラリーマンの給与のように安定的・継続的な収入が保証されませんので、金銭面は不安定になります。

また、負けが続けば当然精神面にもよろしくありません。また、FXは世界中で行われていますから、基本的に24時間のスタイル。取り扱っているものによっては、夜中に張っていなければならないものもあるため、不健康になることもあります。

まとめ

上記、現在自分の持っているスキルやメリット・デメリットを照らし合わせて、FX専業トレーダーに向いているのかいないのかの判断材量としてみては。

そして、じっくりと考えてからFX専業トレーダーへの転身を目指しましょう。