自由な仕事Navi TOP » 時間に縛られない働き方勤務時間が自由な仕事 » 不動産オーナー

不動産オーナー

不動産オーナーとは、土地や建物などの不動産を取得し、その物件を貸すことで利益を得る人のことを指します。 初期投資(銀行からの借り入れを含む)が必要な代わりに、一度貸してしまえば少ない労力で毎月の収入を得ることができるため、サラリーマンが副業として行うケースが多く見受けられます。

また、そこからさらに一歩進んで、不動産オーナーの専業をしたいというケースもあります。収入を不動産収入にすることで、今まで労働に費やしていた時間を自分の趣味などに振り分け、自由に生きることができる、というのは多くの人にとって理想の生活であるといえるでしょう。

ここでは、不動産オーナー専業としてやっていく場合に、自由度がどうなのか、注意するポイントがどこなのかということを解説していきます。

不動産オーナーはハイリスクハイリターンなので、入念な準備が必要

不動産オーナーは色々な職種の中でもトップクラスに初期投資が必要なものです。初期投資がかかってもリターンをそれなりに出すことができれば問題がないのですが、必ずしもそうとは言えません。
「これだけ部屋が豪華なのだから多少中心部から離れていても入居するだろう」という風な楽観的な見込みをしていて、いざ始めてみたら入居数が足りずに投資分が回収できない、という風なケースはよく見かけます。

そのようにならないためには不動産投資に関する知識の習得はもちろん、近隣の似たような物件の入居率の調査など、入念な準備が必要となります。
専業であればいずれは複数物件で同様にリターンを出す必要があるので、利益率の計算や損切りで撤退するポイントの見極めなど、更に知識と経験が要求されます。
単純に自由になりたいから、だけで安易に手を出すのはお勧めしません。

今までより自由になりたいというのであれば他の選択肢も

そもそも不動産オーナーになりたい理由は何でしょうか。多くの人は自由に使うことのできる時間を増やしたい、会社員勤めから解放されたいという風な理由からが多いのではないでしょうか。
もしそうなのであれば、不動産オーナーになることを決める前に一度他の選択肢がないか確認することをお勧めします。 初期投資額がより低いものを考えてみるのも手ですし、もっと言えば、現状の会社よりも自由な会社に転職するというのも一つの手段です。

特に初期投資を融資で賄う際には簡単には撤退ができませんし、そもそもの話として、何か決断をするときに他の可能性を考える習慣は、不動産オーナーとしてやっていくには不可欠な資質でもありますので、一度足を止めてじっくり考えることをお勧めします。

仕事も生活も!楽しく働ける仕事の選び方

それでも不動産オーナーになりたいと思ったときに気を付けるポイント<

損益は必ず自分で計算する

利益の予測と把握は不動産オーナーにとっての生命線です。単純に家賃から融資の返済、利息の支払いを引いた分が利益となるわけではありません。管理会社への手数料、トラブル発生時の修繕費、税金の支払いや国民健康保険の支払い(会社員の時の社会保険は会社と折半しているため、国民年金になると支払いが増加する)、入居率が下がった場合の広告費やその間の運転資金など、考慮するべき事項はたくさんあります。
この大事な部分を他人任せにしていては、いざというときに判断ができません。かならず自分で必要経費を計算するようにしましょう。

管理会社に任せっきりにしない

管理会社は広告やトラブルの窓口対応など、不動産オーナーにとって非常にありがたい存在です。 しかし、管理会社に任せっきりにしていると、入居者の言い分に流されてオーナー側に負担を求めたり、報告が十分でなかったりということが発生しかねません。

多少面倒であっても何か問題があれば自分で確認するようにしましょう。「このオーナーはチェックする人だ」と分かれば管理会社側もうかつなことができないようになります。

物件選定で安易に妥協しない

物件を選ぶとき、最初はやる気が高いのでよく考えますが、中々思うような物件が見つからないと、徐々に妥協するようになることがあります。そういった考えが頭に浮かんで来たら、「買い手のつかない物件にはそれなりの理由がある」ということを考えましょう。良いものはこぞって買い手が付きますが、訳アリのものは誰も買いません。

「今買いたいという人が他にもいる」という煽り文句は昔から使われていますが、もしそういわれたときでも「ではその人に売ってあげてください」と言えるだけの冷静さがないと利益を出すことはできません。たくさん物件を見て、しっかり判断ができるようになりましょう。

あなたにとって自由な仕事が分かる!職業一覧

不動産オーナーは、最初をきちんと押さえれば、後の人生ががらっと変わる仕事です

ここまで不動産オーナーになるということに対して厳しい言い方をしてきましたが、それだけハイリスクな選択肢だということです。その代わり、最初の時点でしっかり動き、冷静に判断して投資ができれば、後々の人生ががらっと変わるだけのリターンを得ることができる仕事です。
リスクが高いとは言ったものの、安易に妥協しないことや、他人任せにしないことなど、自分のやり方一つでリスクは最小限に抑えることが可能です。
良くも悪くも金額が大きく動くものなので、慎重に判断して取り組むことをお勧めします。