自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーとルート配送を比較してみよう

タクシードライバーとルート配送を比較してみよう

同じ車を運転するという仕事でも、タクシー運転手とルート配送では仕事内容が全く異なります。さらに、年収やそれぞれの仕事のメリット、デメリットにも違いがあります。では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーは、タクシーを使ってお客様を目的地まで送る仕事です。走行中は安全運転と快適な車内環境を意識し、目的地に到着したら料金を受け取ります。受け取った料金はその場で精算して、売り上げとして会社に計上するという流れです。

ルート配送の仕事内容

ルート配送は、毎日決められた順序で荷物を送り届ける仕事です。荷物は自社製品で、契約先のコンビニやスーパーなどに送り届けます。ほかのトラック運転手などの配達業と比べて業務時間は短く、心身への負担も少ないでしょう。

年収の違い

タクシードライバーの年収

タクシードライバーの全国平均年収は300万円程度と言われています。しかし、地域や勤め先の企業によって給料は異なりますし、給与体系は歩合制が一般的なので、300万円以上稼いでいるドライバーも少なくありません。

ルート配送の年収

ルート配送の年収は、タクシードライバーと同じく企業によって異なります。経営状態がいい企業であれば年収300万円以上稼ぐことも可能ですが、多くの企業では年収200万円程度が一般的で、タクシードライバーに比べ低めです。

それぞれのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリットは休日の多さです。深夜に働くこともありますが、その分休日をしっかり取ることができます。デメリットは、歩合制の給与では稼げない方も居るという点です。各自で稼ぐための努力や工夫が求められます。

ルート配送のメリット・デメリット

ルート配送は、歩合制ではなく毎月決まった給料が支払われるので、安定した給与がメリットです。しかし、その給与自体が低い企業が多く、タクシードライバーと違い、いくら頑張っても給与に反映されない点がデメリットと言えます。

各職業に向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーはただ運転してお客様を送り届けるだけでなく、安全で確実な運転技術でお客様に安心感を与えることも仕事の一つです。レベルの高い運転技術と高い注意力で、仕事に臨める方が向いています。

ルート配送に向いている人

ルート配送は決まった時間に指定の荷物を送り届けなければなりません。このため、荷物を確実に送り届ける責任感が必要です。また、荷物を破損しないように安全に走行できる運転技術も求められます。

それぞれの職業の声

タクシードライバーの声

ルート配送の声