自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーと長距離トラックドライバーを比較してみよう

タクシードライバーと長距離トラックドライバーを比較してみよう

タクシードライバーと長距離トラックドライバー、二つの仕事をさまざまな視点から比較しました。仕事内容の違い、気になる年収の違い、それぞれの仕事のメリットやデメリットなど、まとめてご紹介します。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーは、お客様をタクシーに乗せ、指定された目的地まで安全に送り届ける仕事です。目的地に到着したら、走行距離に応じた料金を受け取り、精算します。比較的短い距離の運転が多い仕事です。

長距離トラックドライバーの仕事内容

長距離トラックドライバーは、普通のトラックドライバーとは異なり、積んだ荷物を遠くまで運ぶ仕事です。勤務は長時間となるので、合間に休憩をはさみながら目的地まで安全に荷物を運び届けます。

年収

タクシードライバーの年収

タクシードライバーの年収は、地域差、個人差が大きいのが特徴的です。全国的な平均年収は約300万円ですが、学歴や年齢に関係なく、工夫と努力次第で平均年収より多く稼ぐことができます。

長距離トラックドライバーの年収

長距離トラックドライバーの年収は、およそ400万円から750万円と言われています。経験を積み特別な免許を取得してトレーラーの運転が可能となれば、さらに給与アップが可能です。負担が大きい分、タクシードライバーより年収は高めとなっています。

メリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリットは、自由度の高さです。どの時間に働くか、休憩をはさむタイミングなどを自分で決められます。デメリットは、車を扱う仕事なので事故リスクがどうしても高くなってしまう点と、乗客とのトラブルが起こり得るという点です。

長距離トラックドライバーのメリット・デメリット

長距離トラックドライバーの移動中は自由裁量で、自分の好きなタイミングで休憩が取れます。早めに業務が終わればその後の時間の過ごし方は自由です。しかし、ほとんどの場合で拘束時間は長くなるので、業務遂行には体力が必要となります。

向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーは、ただ運転するだけの仕事ではありません。お客様とのコミュニケーションも求められる仕事なので、人と接するのが好きな人やコミュニケーションが得意な人が向いている仕事です。

長距離トラックドライバーに向いている人

長距離トラックドライバーは、荷物を送り届けるための運転技術が求められます。大型トラックを安全に運転する技術も必要です。また、長時間の単独運転になるので、一人の運転が苦にならない人が向いています。

それぞれの職業の声

タクシードライバーの声

長距離トラックドライバーの声