自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーとサラリーマンを比較してみよう

タクシードライバーとサラリーマンを比較してみよう

タクシードライバーとサラリーマン、似ているようで全く異なる二つの仕事を、さまざまな観点から比較してまとめてみました。仕事内容だけでなく、年収やメリット、デメリットなど、二つの仕事にはどんな違いがあるのでしょうか。

仕事内容の違い

タクシードライバーの仕事内容

タクシーを運転し、お客様を目的地まで安全に送り届けることがタクシードライバーの仕事です。道路を走りながらお客様を探す「流し」が基本ですが、依頼の電話で指定の場所に向かい、お客様をお迎えする方法もあります。

サラリーマンの仕事内容

サラリーマンの仕事内容と一言でまとめても、その種類はさまざまです。働く会社によっても異なり、同じ会社でも役職や部署によっても業務内容は変わります。自分の仕事が企業の利益につながり、給料をもらうという形が一般的です。

年収の違い

タクシードライバーの年収

タクシードライバーの年収は平均で300万円ほどと言われています。一般的なサラリーマンとほぼ変わらない年収ですが、歩合制なので頑張り次第では大きく年収アップが狙えることも。個人で収入の差が大きいのが、タクシードライバーの特徴の一つです。

サラリーマンの年収

サラリーマンの年収は300万円から400万円ほどが平均的とされています。ただし、役職によってはタクシードライバーより多く稼ぐことが可能です。しかし一方で、年収アップのための昇進が難しい仕事もあります。

それぞれのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーメリットは一人業務が多いので、働き方が自由に選べます。稼げるかどうかは自分の工夫次第。デメリットは運転業務なので事故リスクが高い点、どの企業でも拘束時間が長くなりがちな点があげられます。

サラリーマンのメリット・デメリット

サラリーマンのメリットは、定時勤務で休日はカレンダーどおりなこと。休みの予定が立てやすい働き方となっています。デメリットは、人間関係を始めとしたさまざまなストレスがかかりやすく、場合によっては心身に悪影響を及ぼしやすい点です。

各職業に向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーは一人業務が多いですが、お客様と触れ合う場面も少なくありません。なので、他人に対して気配りができ、なおかつ一人で過ごす時間が苦にならない人が向いていると言えます。

サラリーマンに向いている人

サラリーマンは勤務時間がきっちり決まっているのが一般的なので、ルーティンが苦にならない人は長く続けやすいでしょう。また、通勤ラッシュに遭遇することが多いので、これに耐えられる人もサラリーマンに向いていると言えます。

それぞれの職業の声

タクシードライバーで働く声

サラリーマンで働く声