自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーと軽配送を比較してみよう

タクシードライバーと軽配送を比較してみよう

車を運転する仕事はたくさんあります。その中でも、タクシードライバーと軽配送について、仕事内容や気になる年収などをピックアップしてご紹介します。似ているようで異なる二つの職業には、どのような違いがあるのでしょうか。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーの仕事は、タクシー利用者を見つけて目的地まで運転して送り、走行距離に合わせた料金を受け取るというもの。安全かつ快適に、お客様を送り届けるのがタクシードライバーの仕事です。

軽配送の仕事内容

軽配送は、指定された荷物を個人宅に届ける仕事です。どのような荷物を取り扱うかは企業により異なります。指定のエリア内で荷物を届ける仕事なので、仕事場所は限定されているのが一般的です。荷物を送り届けたら受け取り主にサインを貰います。

年収の違い

タクシードライバーの年収

タクシードライバーの平均年収は300万円ほどと言われています。しかし、平均年収といっても地域差や個人差が大きいので、300万円以上稼いでいるドライバーも多くいます。同じ職業ですが収入に差があるのが特徴的です。

軽配送の年収

軽配送の年収は200万円程度です。勤務先により異なりますが、タクシードライバーより低いところが大半です。高収入を謳っている企業も多いですが、実際に稼ぐにはかなりの労力が必要となります。

それぞれのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーは歩合制の給与体系が一般的なので、工夫次第ではかなり稼ぐことが可能です。しかし、初めから稼げるケースは稀で、多くの収入を得るドライバーになるには経験と努力を積み重ねる必要があります。

軽配送のメリット・デメリット

軽配送は荷物を送り届けるという仕事柄、一人業務が大半なので、人間関係は楽で負担も比較的少ないです。しかし、稼ぐには相当な努力が必要に。現実的には難しいのが大きなデメリットです。

各職業に向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーは前述の通り歩合制の給料です。より多くのお客様を乗せるにはどうすればいいか、自分なりに工夫してコツを掴める人が向いていると言えます。努力の積み重ねも大切です。

軽配送に向いている人

軽配送は荷物と時間に追われる仕事です。指定の時間通りに荷物を送り届ける責任感を忘れず、真摯に取り組める人が向いています。また、効率よく荷物を送り届けるための運転技術も求められる仕事です。

それぞれの職業の声

タクシードライバーの声

軽配送の声