自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーとフォークリフト運転士を比較してみよう

タクシードライバーとフォークリフト運転士を比較してみよう

同じ運転手という仕事でも、タクシードライバーとフォークリフト運転士では仕事内容に大きな違いがあります。年収やメリット、デメリットも異なるので、ここでは分かりやすく比較して二つの職業をご紹介します。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーはお客様を目的地まで車で送り届けるのが仕事です。お客様を乗せたら目的地を聞き、ルートを確認し、安全運転で走行します。距離に応じた料金を受け取り、精算するまでが一連の業務の流れです。

フォークリフト運転士の仕事内容

フォークリフト運転士は、倉庫内で荷物を運ぶのが主な仕事です。持ち運びができない大型の荷物や重い荷物を、フォークリフトを使って運搬。倉庫内だけでなく、イベント会場やライブ会場などの設営にも使われます。

年収の違い

タクシードライバーの年収

全国のタクシードライバーの平均年収は300万円です。しかし、タクシードライバーは歩合制を採用している企業がほとんどで、年収には個人差があります。努力と工夫次第で300万円以上稼ぐことも可能で、学歴などは関係ありません。

フォークリフト運転士の年収

フォークリフト運転士の平均年収は200万円ほど。時給制の仕事の中では高めの給与ですが、タクシードライバーよりも低い傾向です。また、働く場所によっては季節の温度変化で体に負担がかかるので、負担分を考慮すると年収は低いと言えます。

それぞれのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーは業務中一人になるので、どのように仕事をするかは個人の自由です。ただし、自由度が高い分自制する必要があり、自分をコントロールできないと業務に支障が出ます。場合によっては全く稼げないドライバーになってしまいます。

フォークリフト運転士のメリット・デメリット

フォークリフト運転士は求人数が多く、比較的就職しやすいのがメリットです。長期雇用だけでなく、期間限定の短期雇用も多く、さまざまな働き方があります。デメリットは正社員になりにくく、安定性に欠けるという点です。

各職業に向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーはただ運転するだけでなく、お客様に合わせた接客が必要です。たくさんの人と接する職業なので、コミュニケーション能力がある人、人と接するのが苦でない人が向いていると言えます。

フォークリフト運転士に向いている人

フォークリフト運転士は荷物を丁寧に運ぶ運転技術が求められます。また、倉庫内という限られたスペースの中で安全運転をする必要があるので、的確な車両操作ができる人が向いている職業です。

それぞれの職業の声

タクシードライバーの声

フォークリフト運転士の声