自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーと役員付運転手を比較してみよう

タクシードライバーと役員付運転手を比較してみよう

タクシードライバーと役員付運転手は、同じ運転手という仕事ですがその仕事内容は大きく異なります。ここでは、二つの職業の違いをさまざまな視点から比較してご紹介します。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容

お客様を見つけて目的地まで送り届ける、それがタクシードライバーの主な仕事です。お客様から目的地を聞き、経路を確認して安全運転で走行。目的地に到着したら、距離に応じた料金をお客様からいただき、精算します。

役員付運転手の仕事内容

役員付運転手の仕事は、企業の社長や役員の送迎が主です。特定の企業に専属で勤めるので、タクシー運転手と違い乗客は限られています。安全に運転し目的地まで送り届けるだけでなく、言葉遣いや気遣いといった面でのサービスが必要です。

年収の違い

タクシードライバーの年収

タクシードライバーの給料は歩合制なので、個人差が大きいのが特徴です。地域差や勤め先の企業によっても異なってきます。全国的な平均年収は300万円程度と言われていますが、この金額以上に稼いでいる方も多くいる職業です。

役員付運転手の年収

役員付運転手の年収は、タクシードライバー同様企業により異なります。しかし、ほかのドライバーと比べ求められる要素が多いので、収入は高めです。平均年収は約400万円と言われています。

それぞれのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーの給料は歩合制です。成果がそのまま給料に反映されるので、やる気と工夫次第でかなり稼ぐことができます。ただし、やる気と工夫の成果がすぐに出るわけではないため、コツコツと経験を積み努力をする必要があるのです。

役員付運転手のメリット・デメリット

役員付運転手は基本給が決まっているので、給与は安定してもらうことができます。ただし、業務中は緊張感が高く、ストレスを受けやすい仕事です。車内でも快適に過ごしてもらえる高い運転技術が求められるので、誰でも就ける仕事ではありません。

各職業に向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーは自分で稼ぐための努力が必要です。稼ぐ工夫やコツを積極的に取り入れ実践したり、自分で考えたりして行動できる人は、タクシードライバーに向いているといえます。

役員付運転手に向いている人

役員付運転手は、乗務中に知り得た情報について、家族であっても話さないという秘密厳守ができる人が向いています。場合によっては情報漏洩につながり、企業に重大な損失を与えてしまう可能性があるためです。

それぞれの職業の声

タクシードライバーの声

役員付運転手の声