自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーと代行ドライバーを比較してみよう

タクシードライバーと代行ドライバーは同じ「ドライバー」という仕事ですが、年収や細かな業務内容は異なります。ここでは、さまざまな視点から二つの職業の違いを挙げ、比較しながらご紹介しています。

仕事内容

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーの仕事は、タクシーにお客様を乗せて目的地まで送り届ける仕事です。走行距離に応じて料金を受け取り、精算します。また、タクシーを利用したい人が集まりそうな場所へ行き、お客様を見つけるのも仕事の一つです。

代行ドライバーの仕事内容

代行ドライバーは、何かしらの理由で自動車が運転ができなくなった人の代わりに運転をし、目的地まで送り届ける仕事です。スタッフは二名で、一人は代わりに運転をして、もう一人は後ろから別の車でついて行き、仕事が終わったら別の車で帰ります。

年収

タクシードライバーの年収

タクシードライバーは、地域や企業によって収入が大きく異なる仕事です。全国的な平均年収は300万円と言われていますが、中にはもっと多く稼いでいるドライバーもいます。年収の個人差が大きく出るのが、タクシードライバーの特徴です。

代行ドライバーの年収

代行ドライバーの年収は180万円から264万円と言われています。企業により収入の設定が大きく異なるため、中には300万円以上稼いでいる方もいますが、全体的にタクシードライバーより少なめの年収です。

それぞれのメリット・デメリット

タクシードライバーのメリット・デメリット

タクシードライバーは、コツを掴めば人一倍稼げる仕事です。努力と工夫が結果として給与に反映されます。一方で、収入アップのためには各自で工夫をする必要があり、その努力がすぐに成果として出るとは限りません。

代行ドライバーのメリット・デメリット

代行ドライバーはシフト制が一般的なので、時間調節がしやすく休みが取れやすい仕事です。しかし一方で、普段乗らない車や知らない道を運転することも多く、事故リスクが高いのがデメリットです。

各職業に向いている人

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーの給与体系は歩合制が一般的です。このため、稼ぐための工夫やコツを探して実践できる方には、ぴったりの職業だと言えます。努力がそのまま給与に反映される仕事です。

代行ドライバーに向いている人

代行ドライバーに向いている人は、どんな車や道でも安全に走行できる高い運転技術を持っている人です。運転に自信があり、利用者とのコミュニケーションが苦にならない人が向いています。

それぞれの職業の声

タクシードライバーの声

タクシードライバーは基本的に力仕事はなく、外に出ればずっと近くに人がいるわけではないので、比較的自由に働ける仕事です。

収入は自分次第ですが、平均的な事務職の契約社員よりずっと稼ぐことができます。比較的自由に休みが取れるのも利点です。

代行ドライバーの声

夜の仕事になるので、生活が夜型になりやすいです。深夜に強い人なら向いている仕事だと思います。

一番のデメリットは事故。車をぶつけてしまい弁償になるのも怖いですが、一番避けたいのは自分が怪我をすることです。