自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 未経験でもタクシードライバーになれるか

未経験からタクシードライバーになれるのは本当?

業界全体が人手不足に陥ってるタクシードライバーは、「未経験者歓迎」をキーワードに求人を出しているところが多く見られます。では、本当に未経験からでもタクシードライバーになれるのでしょうか。

転職組で未経験者が多い業界

結論から述べると、未経験者でもタクシードライバーになることは可能です。実は、タクシードライバーという業種は転職組が多く、未経験者がドライバーになる例はめずらしくありません。個人タクシーはドライバー経験が求められますが、企業所属のタクシードライバーの多くが他業種からの転職で、ドライバー経験が一切ない方もいます。大手企業ではオリジナルの研修カリキュラムを用意しており、逆にドライバーのルールが身についていない未経験者を優遇する場合もあるのです。

会社からのサポートがある

タクシードライバーになるためには条件があります。まず必要となるのが二種免許です。二種免許は、年齢が21歳以上で第一種免許を取得してから3年経過した後、受験資格が認められます。これに加え、一部地域では地理試験合格を条件にしているところも。これらの試験は独学で合格するのは難しいですが、会社によっては免許取得から地理試験の勉学まで、しっかりサポートしてくれるところもあります。中には受験費用を負担してくれるところもあるほど。研修内容が充実している会社は多く、未経験者でも一人前のドライバーとしてきちんと働くことができます。

未経験からタクシードライバーになった体験談

なぜタクシードライバーを志したか

タクシードライバーになった元WEBデザイナーの方の場合、最初の志望動機は「転職祝い金につられて」というものでした。WEBデザイナーは激務で、残業が当たり前。貯金も多くなく、転職活動をまともに進めることもままならなかったそうです。そんな日々の中、とあるタクシー会社で転職祝い金が貰えるという情報を目にしました。タクシードライバーならすぐに採用されるだろうと思い、次の仕事を見つけるまでの繋ぎにしようと考えていたそうです。

どうやってドライバーになったか

予想通り、タクシードライバーになるにはそれほど困難なことではなかったそうです。会社の退職が決定してから退職日までの有給消化期間中に転職活動を開始。企業に直接問い合わせをするのではなく、タクシー専門の人材紹介会社に行き、今の会社を紹介してもらいました。短い期間であっさりと決まった反面、「これだけ簡単に採用されるのであれば、人の入れ替わりが多く厳しい業界なのだろう」と考えたそうです。

稼ぎはどのくらいか

しかし実際に働き始めたところ、前職より給与がアップしたそうです。WEBデザイナーとして働いていた時は年収400万円程でした。タクシードライバーとして働き始めた最初の数か月は固定給でしたが、この時点で給料は前職を上回っていたそう。歩合制になってからは、自分なりの顧客獲得方法を見つけ、売り上げは上昇傾向にあるとのことです。しかし、同僚の中には前職の給与が良かったと後悔している方もいるので、必ずしも稼ぎが良くなるわけではないようです。

どんなやりがいを感じているか

前職では毎日クライアントやエンジニアの要求に合わせて働いており、突然の徹夜も当たり前だったとのこと。タクシードライバーはお客様を目的地まで送り届ければ完結で、勤務時間も明確に決まっているので今のほうが楽だと感じているようです。また、昇級がほとんどなかった前職とは違い、工夫して顧客を増やせばそれがそのまま給与に繋がるのでやりがいを感じているそう。