自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 採用面接

採用面接

タクシードライバーの採用面接について、どのようなことを聞かれるのか、どう答えればいいのかなど、気になる点をご紹介します。

どんなことを聞かれる?

タクシードライバーの採用面接では、ほかの企業の採用面接と同様、短所や長所、志望動機といった一般的な内容を聞かれます。短所は業務に支障を与えないか、長所は企業に貢献できるかどうかを判断するものです。志望動機は、その会社の企業理念や経営方針に沿った回答を用意していおきましょう。これらに加え、タクシードライバーの採用面接では事故歴や違反歴を聞かれます。もし事故や違反をしたことがある場合、現在どのような取り組みで予防や改善を行っているかも交えて伝えましょう。転職の場合、前職の退職理由を聞かれるので、事前に回答を用意しておくようにします。

どうやって答えるのがよいの?

基本として、質問をされたらハキハキとした口調でしっかりと答えるようにしましょう。タクシードライバーは接客対応が中心の業務なので、ハキハキとした口調の方はドライバーとして好まれます。短所や前職の退職理由など、ネガティブな回答になりやすい質問が出てくることも。これに対してマイナスな印象を抱かせないよう、現在はどのような取り組みを行っているかなど、前向きな答えに繋がる回答を意識しましょう。コミュニケーションが重要な仕事なので、自己PRなどの場面でコミュニケーションの具体的なエピソードを取り入れると、相手の印象に残りやすいです。

どんな人が求められている?

タクシードライバーは業界全体で人材不足が続いています。ただし、人材不足だからと言って必ず採用されるわけではありません。求められる人材は企業ごとで異なりますが、タクシードライバーにも適性があります。最も重要なのがコミュニケーション能力です。お客さんと接する時間が多いので、コミュニケーションスキルはある程度求められます。売り上げを伸ばすための洞察力も必要です。稼げるタクシードライバーになれるかどうかは洞察力が大きく影響してきます。また、長時間勤務になることもあるので、体調管理がしっかりできる人も重宝されます。