自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 福利厚生

福利厚生

タクシードライバーはキツイ、というのは昔のイメージです。現在はさまざまな福利厚生があります。中には一風変わった手当なども。ここでは、タクシードライバーの福利厚生事情についてご紹介しています。

タクシードライバーの福利厚生はどう?

タクシードライバーというと「ブラック」「激務」というイメージを持っている方も多いと思います。しかし、ブラック企業はごく一部の会社のみ。タクシードライバーの業界全体で働き方の見直しが行われています。これを受けて、福利厚生も充実し始め、ドライバーが長く働き続けられるような創意工夫を行っている企業も増えているのです。

事例:互助交通の福利厚生

免許取得サポートだけでなく、社員寮や祝い金、無事故手当など、一風変わった試みを行っている互助交通を一例としてご紹介します。

社員寮

互助交通の一風変わった福利厚生が、社員寮です。社員寮は本社営業所近く(錦糸町)と南砂町営業所近く(南砂町)の2か所あります。東京の街中にありながら陽当たりは良好で、気になる家賃は月2万円からと都内ではかなり安い金額です。共同設備としてトイレ、お風呂、洗濯機、洗面所、エアコンは完備。会社のすぐ近くにあるので、仕事が終わってからすぐに帰宅して、体を休めることができます。設備は良好で格安、充実した社員寮はほかでは中々見られないものです。

免許取得費用負担

互助交通では、タクシードライバーに必要な2種免許の取得費用を会社側が負担。免許取得の研修は提携してる福岡の自動車学校で行い、東京に戻ってから学科試験を受け免許取得となります。免許取得はコスト面でネックですが、互助交通では免許取得にかかる費用は交通費まで全て会社側が負担してれるという、徹底したサポート体制。お金が心配という方も、互助交通なら安心してタクシードライバーを目指すことが可能です。

入社祝い金・無事故手当

互助交通では、入社祝い金として10万円を支給しています。会社に入ってすぐはお金の面で不安を持っている方も多いもの。互助交通では入社祝い金を支給して、働き始めたばかりの社員を応援。安心してドライバーを続けるためのサポートをしています。そのほかにも注目したいのは無事故手当です。文字通り、一定期間事故を起こさず仕事ができれば支払われる手当のこと。社員のモチベーションを上げると同時に、タクシー会社として事故防止に努める姿勢が感じられる取り組みです。