自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーの営業エリア

タクシードライバーの営業エリアに関するルールをチェック

タクシードライバーには決められた営業エリアがあります。このルールは法令により定められおり、タクシードライバーとして働くうえで知っておかなければならない重要事項です。タクシードライバーを目指す方は、このルールをしっかり把握しておきましょう。

タクシードライバーは営業エリアが定められている

タクシードライバーがお客様を乗せられる営業エリアは、法令により定められています。道路運送法の第20条には、タクシー事業者は乗車地か降車地のいずれかが定められた営業エリア内でなかればならない、といった内容が記載されているのです。タクシードライバーは事業を始める前に国土交通省に営業許可の申請をしますが、このとき一緒に営業範囲も申請し、エリア内で仕事を行います。営業エリアが定められているのは、地域ごとのタクシーの需要と供給のバランスを取るためです。

エリア外営業をしたらどうなるか

気になるのが、エリア外営業をしてしまった場合です。もしエリア外営業を行ってしまうと、地域のタクシー需要と供給のバランスが崩れてしまうだけでなく、法令違反となり重い罰則が科せられます。乗務員資格の停止、最悪の場合事業者の営業停止になってしまうことも。タクシードライバーで仕事をしていくうえで、営業エリアは切っても切り離せないルールなのです。タクシーが営業エリア外に入ってしまった場合、ドライバーは「回送」の表示をして、もとの営業エリアに戻る必要があります。

OKな営業エリアとNGな営業エリアについての具体例

タクシーの営業エリアは厳格に定められていますが、営業エリア外でお客様を乗せてもOKな場合もあります。営業エリア内でお客様を乗せて営業エリア外で降車するのは問題ありません。この後、帰りに別のお客様を乗せて営業エリア内に帰る場合は、法令違反にはなりません。NGなのは、営業エリア外から営業エリア外への移動です。この場合、法令違反となり前述の罰則が科せられます。営業エリア外に出てしまったら、お客様を乗せられない「回送」の表示にして営業エリア内に帰るのがいちばんです。

都心の営業エリア区分は?

東京のタクシーの営業エリア区分は全部で5つあります。東京都の中でも中心的な場所で利用者が多いのが「東京特別区・武三交通圏」です。東京23区、武蔵野市と三鷹市がこのエリアに含まれます。武蔵野市と三鷹市の周辺市と東京の北西エリアは「北多摩交通圏」、神奈川県に近い南西エリアが「南多摩交通圏」です。「西多摩交通圏は青梅市などの多摩地域の西部、伊豆諸島や小笠原諸島は「島嶼区域」に区分されます。