自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーに向いている人

常に1人で勤務することになるタクシードライバー。ほかの職業とは多少異なる点もありますから、向いている人と向いていない人がいるのは事実。それでは、どんな人がタクシードライバーに向いているのか考えてみましょう。

運転手であり接客業であることを忘れない人

タクシードライバーというと、車の運転が得意な人が向いている、とイメージしがちですが、運転自体は普通にできればOK。タクシーは荷物を運ぶのとは違い、お客様を乗せて走るものですから、サービス業であることを忘れずに勤務できる人が向いています。お客様の様子を観察し、声掛けや荷物の運搬など気配りができる人なら立派に勤務できるはずです。

長時間1人で過ごしても平気な人

タクシードライバーは、日勤の場合などで、最長20時間程度の長時間勤務になることがあります。その間、お客さんを乗せている時は会話することもありますが、流している時間、駅などで待っている時間などは、ほぼ1人で過ごすことになります。普通の会社のように、社員が協力して仕事に取り組む、というスタイルとは異なりますから、そのような勤務形態に耐えられない方、常に誰かと一緒にいたい、という方には難しいかもしれません。

イライラやストレスに強い人、我慢強い人

サービス業は、基本的にストレスが多い仕事のひとつであると言われています。お客さんからの横柄な態度や、無理な要望にも笑顔で応えなければならないからです。タクシードライバーの場合はさらに、お客さんの要望にたった1人で対応しなければならない、という難しさもあります。しかも、20時間にも及ぶ長時間労働ですから、ストレスがピークに達することもあるでしょう。そんな中でも勤務を続けられる忍耐力や我慢強さ、ストレスへの耐性などが高い人が向いていると言えるでしょう。

タクシードライバーに向いていないのはこんな人

逆にタクシー運転手に向いていないのでは?と思われるのは、以下のような人です。

現役タクシードライバーにインタビューしてみました

関連するページ