自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 60代でタクシードライバーになるには

60代でタクシードライバーになるには

60代でタクシードライバーになるために、必要な資格や実際に働いている人の体験談、応募の際の注意点をご紹介。60代でタクシードライバーを目指している方は、是非参考にしてみてください。

資格は必要?

タクシードライバーになるためには自動車の二種免許が必要です。二種免許は最寄りの自動車教習所で取得できます。技能試験と学科試験に合格すれば、60代でも取得できる資格です。ただし、第一種免許を取得しており、運転経歴が3年以上経過していなければ試験は受けられないので、受験前に確認しておきましょう。また、一部地域では地理試験の合格が必要です。こちらも応募前にチェックしておき、試験前にしっかりと勉強しておきましょう。

募集要項を確認して年齢制限がないかどうか

一般的な企業であれば65歳で定年を迎えます。しかし、タクシードライバーは法的に年齢の定めがないので、60代でも採用している企業は少なくありません。新しい仕事を探すうえで、タクシードライバーは有力候補の一つになるでしょう。しかし、60代になるとどうしても身体的な衰えが出てきます。特に視力が衰えていると、業務に支障をきたしたり、二種免許で弾かれたりしてしまう可能性も。このような理由から年齢制限を設けている企業もあるので、応募前に必ず確認しましょう。

60代でタクシードライバーとして成功している人をチェック

年齢に関係なく活躍できるのがタクシードライバーのメリットです。60代で活躍している方の中には、専業主婦からドライバーになったという方もいます。子育てをしながらドライバーとして働き、現在ではベテランという方も。また、50代で職を失いドライバーになったというケースもありますが、現在では自分のペースで働けているそうです。企業からのサポートが多いのもタクシードライバーのメリットなので、上手く活用すれば、60代でもしっかり稼げるドライバーになれます。