自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » お給料

お給料

タクシードライバーを目指す方にとって、最も気になるのはお給料や待遇でしょう。タクシー会社の給与の計算はいたってシンプル。「基本給+成果給」となっており、基本給は会社によって違いますが、売り上げを上げれば上げるほど、成果給が上る仕組みになっています。

タクシーの利用が多い地域なら年収アップも期待できる

東京都では年間で約3億人がタクシーを利用している

東京都では公共交通機関が発達していますが、決まった時間、決まった駅にしか停まらないので、車と比べて利便性は低いです。

このため、タクシーの利用者は数多く、一般社団法人東京ハイヤータクシー協会調べでは、年間のべ3億人がタクシーを使っているとの調査結果が出ました。タクシーなら始発、終電といった時間の縛りはありませんし、行きたいところへ直接行けます。

高齢者の足代わり、子ども連れなど、タクシーは幅広いニーズがある乗り物です。

一日タクシー1台あたり約35人が利用している

一般社団法人東京ハイヤータクシー協会によると、東京のハイヤー・タクシーの台数は約4万台で、最も多いのが東京の都心、特別区・武三交通圏と呼ばれる地域です。

この地域だけで法人タクシーの台数は約3万台に及び、一日当たりの利用者数を換算すると、タクシー1台当たりで約35人が利用しているという数字に。ただし、すべてのタクシーが稼働しているわけではなく、人数も日によって大きく変動します。特に、イベントがある日はタクシー利用者は増加します。

タクシー利用料金の顧客単価は平均約1,500円

利用者によって走行距離は大きく異なりますが、平均すると一人当たり約4kmの利用に。これを顧客単価に換算すると約1,500円です。タクシーは走行距離に応じた金額を受け取るので、距離が長くなるほど単価がアップします。

もちろん、最も短い距離を走るケースもあれば、高速に乗って隣の県まで、というケースもあるので、この数字はあくまで平均と考えておきましょう。

タクシードライバーの平均給与

タクシードライバーの給料

平均給与と言っても、ドライバーの経験によって売り上げが全く違います。タクシードライバーになればこのぐらいは稼げる、という平均的な金額はあまり参考にならないかもしれません。

例えば、入社したばかりの新人ドライバーなら、基本給+ほんの少しの成果給で、10万円前後しかもらえない、という可能性もあります。逆に、夜勤が多い大ベテランのドライバーで売り上げが月に70〜80万円を超えるような場合は、月に40万円以上の給与も夢ではありません

インセンティブの仕組み

インセンティブは成果に応じて支払われる歩合給のことで、タクシー業界の場合、ドライバーが得た売り上げに応じて支払われることになります。多くのタクシー会社が採用しているのは、足きりと呼ばれるノルマを課すシステム

簡単に説明すると、会社側から売り上げノルマが課され、それを超えた分だけインセンティブが発生する、というわけです。

例えば、会社から課せられるノルマが月10万円だったとして、自身の売り上げが40万円であれば、30万円分がインセンティブとなり給与アップにつながるわけです。もっと細かく計算すると、30万円のうち会社が定める何割かを引いた額が成果給として支払われることになります。

そもそも、足きり制度を設けていない会社もありますので、そのあたりは入社前に会社へ問い合わせてみましょう。

固定給はないの?

まだ入社したばかりでなかなか売り上げが上がらないドライバーさんの場合でも、給料が全く出ないということにはならないのでご安心を。1ヶ月勤務すれば、売り上げに関わらず、会社が定めた基本給は支払われます。ただし、かなり低い金額に設定されている会社が多いのでご注意。やはり売り上げを増やす営業努力は必要です。

タクシードライバーの平均的な収入をシミュレーションしてみよう

タクシードライバーの給料シミュレーション

タクシードライバーの一ヶ月の平均勤務時間は約198時間です。時期や所属企業の人員などにより変動はありますが、全体的に見てこのくらいの時間が平均とされています。一回の勤務時間は長いですが、一ヶ月の勤務日数は10日程度と少な目です。

平均的な数字を元に、収入をシミュレーションしてみましょう。たとえば一ヶ月の勤務時間が201時間と仮定すると、合計11日の出社で一日18時間勤務となります。一日の平均の売り上げが5万5,500円とされているので、一時間当たり換算で3,080円。

そのうち6割が給与とすると、時給換算で1,850円になります。これに平均勤務時間の198時間を掛け算すると、一ヶ月の平均的な収入は36万6,300円です。

乗車率の高い東京23区での年収はいくらになる?

上記の収入はあくまで平均で、場合によっては下回ることもあれば、上回ることもあります。ポイントを押さえた営業をすれば、一般的なサラリーマンと比べはるかに多く稼げるタクシードライバーになれるでしょう。特に乗車率の高い東京23区内であれば、年収800万円になるケースも少なくありません。

売上をアップさせるポイント

営業回数を上げる

営業回数とは、一時間あたりのタクシーの乗車数のことを指します。一時間の中でより多くの乗客を乗せることができれば、売上アップにつながるという仕組みです。タクシーの給与は歩合制で、乗客数に比例して給与がアップします。

一時間という区切りをつけて営業回数を上げる努力をすれば、自然と売上がアップするでしょう。

常務回数が1.2倍になったら?

営業回数を1.2倍に上げると仮定して、シミュレーションしてみましょう。平均乗車回数は37回で、これに売上単価平均を掛けると一日売上は5万5,500円です。歩合が60%で11連勤すると、先述の36万6,300円が平均月収となります。

営業回数が1.2倍になると仮定するときは、平均乗車数37回に×1.2の計算となります。この数字もとに勤務日数と歩合を同じ条件にして計算すると、月収は43万9,560円と大幅にアップ。差額は7万3,260円となり、たった1.2倍のアップでこれだけの収入になります。

勤務時間を増やす

営業回数を増やす以外にも、勤務時間を増やすだけでも売上はアップします。単純ですが、勤務時間が長くなればなるほど乗客数が増える機会も多くなり、それだけ給与に反映されるのです。

一日の勤務をいつもより一時間長くする、勤務日を数日増やすなど、より多くの乗客を取り込む機会を増やしましょう。ただし、タクシードライバーの一回の勤務時間は長いので、勤務時間や勤務日数の増加はそれだけ体に負担がかかります。

生活も不規則になるので、自分の体調をきちんと管理して無理のない範囲で勤務時間を増やすといいでしょう。

客単価を上げる

売上アップのちょっとした工夫です。客単価を上げるというのは、元の金額を上げるのではなく、お客様により長く乗ってもらうための工夫をする、ということ。つまり、長く乗ってもらえるようなポイントを狙い営業を行い、そこでお客様を捕まえて利用してもらうのです。

走行距離に応じて料金が貰えるという、タクシーの特性を活かした売上アップの工夫と言えます。

目指せ!年収600万円

年収600万円にするには、勤務時間と勤務日数を増やすだけでなく、営業回数を増やす工夫が必要です。先述の36万6,300円を平均月収として考えると、営業回数は1.2倍、勤務日数は13日、歩合は62%出してくれる会社で働くことが条件となります。

この3つの条件をクリアすれば、計算して55万9,120円の月収になり、年収600万円の達成が可能です。ただし、勤務日数が厳格に定められている、歩合が62%以下の会社に所属した場合、年収600万円は厳しいでしょう。まずは肝心の会社選びから始める必要があります。

月収50万円の内訳

月収50万円の内訳をもう少し詳しく見ていきましょう。上記の条件で働ける環境と仮定すると、平均乗車数37回に営業回数1.2倍を掛けます。これに平均単価の1,500円を掛けて、13連勤も掛けましょう。

すると、月間売上は90万1,810円となります。歩合が62%の場合、この数字に0.62を掛ければ、月収は55万9,120円です。

年収が少ないタクシードライバーとは?

もちろん、すべてのタクシードライバーが上記のような数字を出せるわけではありません。タクシードライバーの給与は歩合制、結果を出せば出した分だけ反映されるのです。給与に関してはかなりシビアな世界と言えるでしょう。

年収が少ないタクシードライバーは、単純に歩合が少なく、お客様を乗せていないドライバーだということ。たとえば、接客態度が悪かったり、営業効率の悪い場所ばかりに行ったりするなど、さまざまな要素が考えられます。

会社からの歩合が低いため給与も少ないという場合もありますが、近年はタクシー業界全体がクリーンになっているのでこのケースは少ないでしょう。

月収15万円の内訳

年収が少ないタクシードライバーの月収を15万円と仮定した場合、乗車回数は平均回数37回の約半分です。0.5を掛けると、一日の売り上げを2万7,750円と算出されます。この売り上げで平均勤務数の11日間しか働かなかった場合、月収は15万2,620円という数字になってしまうのです。これが15万円の内訳です。

効率よく業務をこなすポイント

タクシーの需要が多い地域の特徴を知る

タクシードライバー効率

効率よく稼ぐためには、まずタクシー需要が多い地域の特性を調べましょう。この地域は何曜日、どの時間帯がより活発になるのか、逆に人が少なくなる時間や曜日はいつか、この2つを見極めてください。

活発になる時間帯になれば、自然とタクシー利用者も増加します。さらに、どんな人が利用するかも調べれば、営業回数アップへの近道に。やみくもに営業するのではなく、まずは需要が多い地域の特徴をきちんと調べましょう。

収入アップを見込めるタクシー会社を選ぶ

タクシードライバーの仕事で稼ぐには、勤務先の選定も重要です。稼ぐための重要な第一歩と言ってもいいでしょう。まず、会社の歩合を調べてください。歩合率が高ければ高いほど、給与に反映される数字も増えます。

自分の提示する条件の中で、なるべく歩合の高い会社を選びましょう。また、会社の人気度も重要です。人気が高ければ高いほど利用者も多く、売上につながります。迎者数、法人契約数、地域の人の声など、多角的に調べてください。

稼働率・歩合率をチェック

先述の歩合率の高さも重要ですが、会社所有のタクシーは実際どのくらい使用されているか、稼働率をチェックするのも大切です。会社の平均売上数字は、タクシーの稼働率により変動します。

稼働平均が高ければ一回の営業で得られる報酬も高く、一日の売上、月収、年収と影響してくるのです。稼働率が高い会社は所有しているタクシーがほぼ休みなく動いているということで、それだけ需要があると言えます。

タクシードライバーの給与は歩合制なので、稼働率が高ければ乗客数も自然と多くなり、給与アップにつながります。ただし、稼働率が高すぎる会社はシフトの融通が利かない場合もあるので、ライフスタイルに合わせてちょうどいい稼働率の会社を見極めましょう。

無駄な時間を無くす

タクシードライバーで稼ぐには、時間の上手な使い方を身に付ける必要があります。たとえば、お客様を拾って送り届けたら拠点に戻らずその場で営業する、もしくは近場の活発なエリアに移動するなど、戻る時間をうまく短縮しましょう。

戻る時間も営業時間に充てることで、効率よく乗客数アップが期待できます。

観察力と予想力を身につける

単純ににぎわっているから、という理由でそのエリアで営業をしても、思ったような成果は得られません。エリアの中でも特にタクシー利用者が多そうな場所や道を見つける観察力が大切です。

観察力は一朝一夕では身につきません。エリア情報の収集をしながら経験値を溜めていきましょう。また、どの時間帯が活発になるか、どこにお客様がいるかという予想力も大切です。観察力と予想力、この2つがうまく組み合わさることで、稼げるドライバーになれます。

エリア別のタクシードライバー平均年収

世田谷区などの東京23区南部

東京区内でも高所得者が多いエリアが、世田谷区を含む東京23区の南部。住宅街が多く建ち並び、都心の中でも生活感があるのが特徴的です。また、都内でも有数の自然が多いエリアでもあり、住民以外にも都心に住むファミリー層に人気があります。

このエリアから川崎や横浜へ行く方も多く、大田区には羽田空港が。立地的に、東京23区南部のタクシーの利用客は遠くまで利用することが多いのが特徴です。企業により異なりますが、200万から400万の年収が得られ、都内でも稼ぐチャンスが多くなっています。ただし歩合制の場合、年収はこの限りではありません。特に、長距離利用者が多いこのエリアは努力次第で年収が大きく左右されます。

墨田区や江東区などの東京23区東部

東京23区東部は葛飾や浅草など、昔の面影が残るエリアです。いわゆる下町で、都内でも落ち着いた雰囲気で昔からの住民が数多く住んでいます。しかし一方で、江東区を含む湾岸地帯は開発が進んでいるエリアです。新しい商業施設や住居の建設が進み、新しく住む方も増えています。

このように、東京23区東部は新旧入り混じるエリアで、タクシーの利用客も様さまざまです。タクシードライバーの年収は250万円前後が一般的で、稼げると言われている都内でも少なめの場所と言えます。

ただし、歩合制を採用している会社の場合、倍近い年収を得ている方も。23区東部は流しが中心で、新参者には厳しいという見方もあります。病院通いなど、常連客で稼ぐ方が多いようです。

都内でタクシードライバーにおすすめのエリア

都内でタクシードライバーにおすすめのエリアが都心3区。中央区、千代田区、港区を指す都心3区は、住居の数が多く企業の本社も多いエリアです。人口が減り続けているほかのエリアと比べ、都心3区は人口が増加傾向にあり、都心の中心的な場所と言えます。

商業施設も多く、時代と共に変化し続ける場所です。人口が多ければタクシー利用者も多くなるので、初めての方でも安定して稼ぐことができます。世田谷区などの東京23区南部もおすすめのエリアです。高所得者が多く住居が建ち並ぶ場所なので、タクシー利用者も自然と多くなります。また、長距離移動でタクシーを利用する方も多いので、歩合制の給与体系で稼ぎたい方にとって狙い目の場所です。

実際のタクシードライバーに給料について聞いてみた

現役タクシードライバーにインタビューしてみました

関連するページ