自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » お給料

お給料

タクシードライバーを目指す方にとって、最も気になるのはお給料や待遇でしょう。タクシー会社の給与の計算はいたってシンプル。「基本給+成果給」となっており、基本給は会社によって違いますが、売り上げを上げれば上げるほど、成果給が上る仕組みになっています。

タクシードライバーの平均給与

平均給与と言っても、ドライバーの経験によって売り上げが全く違います。タクシードライバーになればこのぐらいは稼げる、という平均的な金額はあまり参考にならないかもしれません。
例えば、入社したばかりの新人ドライバーなら、基本給+ほんの少しの成果給で、10万円前後しかもらえない、という可能性もあります。逆に、夜勤が多い大ベテランのドライバーで売り上げが月に70〜80万円を超えるような場合は、月に40万円以上の給与も夢ではありません。

インセンティブの仕組み

インセンティブは成果に応じて支払われる歩合給のことで、タクシー業界の場合、ドライバーが得た売り上げに応じて支払われることになります。多くのタクシー会社が採用しているのは、足きりと呼ばれるノルマを課すシステム。簡単に説明すると、会社側から売り上げノルマが課され、それを超えた分だけインセンティブが発生する、というわけです。
例えば、会社から課せられるノルマが月10万円だったとして、自身の売り上げが40万円であれば、30万円分がインセンティブとなり給与アップにつながるわけです。もっと細かく計算すると、30万円のうち会社が定める何割かを引いた額が成果給として支払われることになります。そもそも、足きり制度を設けていない会社もありますので、そのあたりは入社前に会社へ問い合わせてみましょう。

固定給はないの?

まだ入社したばかりでなかなか売り上げが上がらないドライバーさんの場合でも、給料が全く出ないということにはならないのでご安心を。1ヶ月勤務すれば、売り上げに関わらず、会社が定めた基本給は支払われます。ただし、かなり低い金額に設定されている会社が多いのでご注意。やはり売り上げを増やす営業努力は必要です。

エリア別のタクシードライバー平均年収

世田谷区などの東京23区南部

東京区内でも高所得者が多いエリアが、世田谷区を含む東京23区の南部。住宅街が多く建ち並び、都心の中でも生活感があるのが特徴的です。また、都内でも有数の自然が多いエリアでもあり、住民以外にも都心に住むファミリー層に人気があります。このエリアから川崎や横浜へ行く方も多く、大田区には羽田空港が。立地的に、東京23区南部のタクシーの利用客は遠くまで利用することが多いのが特徴です。企業により異なりますが、200万から400万の年収が得られ、都内でも稼ぐチャンスが多くなっています。ただし歩合制の場合、年収はこの限りではありません。特に、長距離利用者が多いこのエリアは努力次第で年収が大きく左右されます。

墨田区や江東区などの東京23区東部

東京23区東部は葛飾や浅草など、昔の面影が残るエリアです。いわゆる下町で、都内でも落ち着いた雰囲気で昔からの住民が数多く住んでいます。しかし一方で、江東区を含む湾岸地帯は開発が進んでいるエリアです。新しい商業施設や住居の建設が進み、新しく住む方も増えています。このように、東京23区東部は新旧入り混じるエリアで、タクシーの利用客も様さまざまです。タクシードライバーの年収は250万円前後が一般的で、稼げると言われている都内でも少なめの場所と言えます。ただし、歩合制を採用している会社の場合、倍近い年収を得ている方も。23区東部は流しが中心で、新参者には厳しいという見方もあります。病院通いなど、常連客で稼ぐ方が多いようです。

都内でタクシードライバーにおすすめのエリア

都内でタクシードライバーにおすすめのエリアが都心3区。中央区、千代田区、港区を指す都心3区は、住居の数が多く企業の本社も多いエリアです。人口が減り続けているほかのエリアと比べ、都心3区は人口が増加傾向にあり、都心の中心的な場所と言えます。商業施設も多く、時代と共に変化し続ける場所です。人口が多ければタクシー利用者も多くなるので、初めての方でも安定して稼ぐことができます。世田谷区などの東京23区南部もおすすめのエリアです。高所得者が多く住居が建ち並ぶ場所なので、タクシー利用者も自然と多くなります。また、長距離移動でタクシーを利用する方も多いので、歩合制の給与体系で稼ぎたい方にとって狙い目の場所です。

実際のタクシードライバーに給料について聞いてみた

現役タクシードライバーにインタビューしてみました

関連するページ