自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 現役ドライバーに聞いてみた タクシードライバーの魅力 » 女性タクシードライバー

女性タクシードライバー

新卒入社でタクシードライバーになった女性にタクシードライバーになった経緯を伺いました。

今回インタビューさせていただいた方は

宇都宮桃子さん(25)

女性ドライバー宇都宮さん タクシー業界未経験で互助交通に入社。入社時はまだ普通免許を取得してから2年で入社後に2種免許を取得。現在ではタクシードライバーとして、公道で活躍中。

宇都宮さんが働く
互助交通の採用情報を見てみる

なぜ、タクシードライバーを目指そうと思ったのですか?

女性ドライバー宇都宮さん

最初に思っていたのは、ナイト・オン・ザ・プラネットという映画に出てくる女性ドライバーがかっこよくて、それに憧れてタクシードライバーっていいなと思っていました。

父がトレーラートラックの運転手なので、そこから運転する仕事に親近感があったのもありますね。

就活をする時期には、美大出身なんですけど、好きなことを仕事にしたいというよりも、試したり研究してみたりという時間を持ちつつ、生活を豊かにしたいという思いがありました。

タクシーは自分1人という環境でもあるので、何かを試したりしやすそうだと思いましたし、タクシーの中でやりたいことの思いつきもあったので、タクシー業界を志しました。

ナイト・オン・ザ・プラネットとは

1991年に制作された映画。ジム・ジャームッシュ監督のオムニバス映画。ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台に、タクシードライバーと乗客の人間模様を描く。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナイト・オン・ザ・プラネット

もともと運転が好きだったのですか?

女性ドライバー宇都宮さん

ほとんどペーパードライバーだったので、好きでも嫌いでもなかったですね。笑

旅行先でレンタカーを借りてちょっと運転するくらいなら楽しいなあくらいです。

タクシードライバーは地理を覚えるのが大変と聞きますが、不安はなかったですか?

女性ドライバー宇都宮さん

運転技術の方を気にしていて、地理のことをあんまり考えてなかったです。笑

もともと方向音痴なので、いつかは不安になるだろうなと思っていましたが。

お客さんに怒られたりしないのですか?

女性ドライバー宇都宮さん

道を間違ってしまったとき、「いつもならきつく言うけど、あなたなら仕方ないね。」と笑って許していただけました。

申し訳ないと思いつつ、正直ほっとしています。。

女性ドライバーとして得をしているなと思うことはありますか?

女性ドライバー宇都宮さん

終電後までお仕事をされているお医者さんやガールズバーで働く同い年くらいの女性に「女性ドライバーさんだと安心して乗れます。」と言っていただけることは多くありましたね。

「女性ドライバーだと安心する。」って言ってくれるお客様は性別関係なく多いんですよ。

「毎回○○へ行くときはお願いしたい」というお言葉もよく言っていただけるので光栄なんですが、これも少なからず「女性だから」という理由もあるのかもしれませんね。

得をしているって言い方だとちょっと違うかと思いますが、そういうことがよくありますね。

女性でタクシードライバーになった人の事例

お客様から感謝される仕事

接客業と一言でまとめてもさまざまな職種があります。タクシードライバーもその一つで、お客様を目的地まで安全に送り届ける運転技術だけではなく、コミュニケーションスキルも求められる仕事です。逆に、運転が上手くてもコミュニケーションに問題があると、トラブルに発展する恐れも。しかし、接客が上手ければお客様から感謝される仕事でもあります。女性のタクシードライバーは昔と比べ増加しており、女性ならではの接客でお客様と円滑なコミュニケーションを築いている方も多数。とある女性ドライバーの場合、仕事をしている中で一番嬉しいのが「お客様から感謝される」ことなのだそう。初対面の人に感謝される出会いが楽しい、とのことです。

休日と給与が多いので買い物が楽しめる

ライフスタイルに合わせて休日が取りやすいのも、タクシードライバーの利点です。特に女性はママ業の傍ら、忙しい合間を縫って仕事をしている方も少なくありません。通常のパートやバイトではなかなかシフト調節が上手くいかず、思うように稼げないことも。一方タクシードライバーは、自分の頑張り次第で同じ勤務時間でも遥かに多く稼ぐことも可能です。また、効率的に稼ぎながら休日が取れるので、それぞれのライフスタイルに合わせて働き方を変えることができます。シフト調節もしやすく、一回の勤務時間が長い分まとまった休日が取りやすいというのもメリット。休日が多く給与も多いので、前より買い物が充実しているという女性ドライバーの意見も見られます。

ほかの仕事にはない自由度の高さとやりがいがある

タクシードライバーは今までの経験や自分なりの工夫で、お客様を増やすことが可能です。タクシードライバーの給与は歩合制が一般的で、お客様が増えれば増えるほど給与に反映される仕組み。この部分にやりがいを感じるというドライバーもいます。給与アップのためにさまざまな工夫や戦略を練るのが、ほかの仕事にはないところです。工夫が戦略がハマれば、利用客が増え給与もアップします。

また、タクシードライバーは自分のやり方がそのまま仕事に反映できる自由度の高さがあります。働き方も自由な面が多く、出産や子育てなど、ライフスタイルの変化に柔軟に対応可能です。とある女性ドライバーはこの点に注目し、「タクシードライバーは長く続けることができる仕事」だと感じています。

女性はタクシードライバーに向いている?

「タクシードライバーは男性の仕事」というイメージもありますが、実際には、男性がやらなければならない道理などどこにもありません。むしろ女性ドライバーならではの優位性すらあります。プライベートの時間も多く確保できる仕事なので、タクシードライバーは女性に向いた仕事、と言うこともできるでしょう。

隔日勤務なのでプライベートも充実

タクシードライバーへの転職を考えている方が、まっさきに頭に浮かぶのが「生活が不規則になって自由な時間を作れないのでは?」ということ。自由時間の確保は、特に女性にとっては大事な問題です。

タクシードライバーは、基本的に隔日勤務。簡単に言えば「丸1日勤務して丸1日休む」という勤務体系です。働いている時間帯は他の一般的な職種と異なりますが、決して自由な時間が少なくなるわけではありません。隔日勤務を経験されたことのある方なら分かると思いますが、「半日の勤務を毎日繰り返す」という一般的な勤務体系よりも、むしろ自由時間は増える実感があります。基本的に残業もないので、実質的に、タクシードライバーは自由時間が多い職種と考えて良いでしょう。

女性のお客さんにも合わせた柔軟な接客ができる

タクシーを利用するお客さんは、もちろん男性だけではありません。女性も多くタクシーを利用しています。

女性のお客さんは、大なり小なり、男性ドライバーと2人で密室にいることに対し、抵抗を感じることもあるでしょう。ドライバーが女性であれば、きっと安心して乗車することができます。女性であれば、かならず理解できる感覚だと思います。

加えて、たとえば妊娠中の女性や小さな子供を連れた女性がタクシーを利用する場合、同じ女性としての細やかな気遣いができるはずです。

女性のお客さんに対して柔軟な接客ができる点は、男性ドライバーにはない女性ドライバーの大きな優位性でしょう。

性別関係なく稼ぐことができる

かつて「男女雇用機会均等法」という法律が成立し、雇用における男女差別の撤廃に国が本腰を入れた時期がありました。しかしながら、当時に比べればややマシになったかも知れませんが、依然として仕事における男女の差別は残っているのが現状。同じ能力で同じ仕事をしているのに給与や昇進に差が生まれる、というのは納得ができないものです。

一方で、タクシードライバーには一切男女差別がありません。なぜならば、給与は「お客さんを乗せたかどうか」で決まるからです。会社側にとって、ドライバーが男性であろうが女性であろうが、まったく関係のない話。お客さんを乗せれば乗せるだけ給与が増えるシステムなので、職場において男女差別が生まれる道理がありません。

女性はタクシードライバーに向いている?

「タクシードライバーは男性の仕事」というイメージもありますが、実際には、男性がやらなければならない道理などどこにもありません。むしろ女性ドライバーならではの優位性すらあります。プライベートの時間も多く確保できる仕事なので、タクシードライバーは女性に向いた仕事、と言うこともできるでしょう。

隔日勤務なのでプライベートも充実

タクシードライバーへの転職を考えている方が、まっさきに頭に浮かぶのが「生活が不規則になって自由な時間を作れないのでは?」ということ。自由時間の確保は、特に女性にとっては大事な問題です。

タクシードライバーは、基本的に隔日勤務。簡単に言えば「丸1日勤務して丸1日休む」という勤務体系です。働いている時間帯は他の一般的な職種と異なりますが、決して自由な時間が少なくなるわけではありません。隔日勤務を経験されたことのある方なら分かると思いますが、「半日の勤務を毎日繰り返す」という一般的な勤務体系よりも、むしろ自由時間は増える実感があります。基本的に残業もないので、実質的に、タクシードライバーは自由時間が多い職種と考えて良いでしょう。

女性のお客さんにも合わせた柔軟な接客ができる

タクシーを利用するお客さんは、もちろん男性だけではありません。女性も多くタクシーを利用しています。

女性のお客さんは、大なり小なり、男性ドライバーと2人で密室にいることに対し、抵抗を感じることもあるでしょう。ドライバーが女性であれば、きっと安心して乗車することができます。女性であれば、かならず理解できる感覚だと思います。

加えて、たとえば妊娠中の女性や小さな子供を連れた女性がタクシーを利用する場合、同じ女性としての細やかな気遣いができるはずです。

女性のお客さんに対して柔軟な接客ができる点は、男性ドライバーにはない女性ドライバーの大きな優位性でしょう。

性別関係なく稼ぐことができる

かつて「男女雇用機会均等法」という法律が成立し、雇用における男女差別の撤廃に国が本腰を入れた時期がありました。しかしながら、当時に比べればややマシになったかも知れませんが、依然として仕事における男女の差別は残っているのが現状。同じ能力で同じ仕事をしているのに給与や昇進に差が生まれる、というのは納得ができないものです。

一方で、タクシードライバーには一切男女差別がありません。なぜならば、給与は「お客さんを乗せたかどうか」で決まるからです。会社側にとって、ドライバーが男性であろうが女性であろうが、まったく関係のない話。お客さんを乗せれば乗せるだけ給与が増えるシステムなので、職場において男女差別が生まれる道理がありません。

女性タクシードライバーの主な勤務体系

女性タクシードライバーの主な働き方について見てみましょう。

昼日勤

昼日勤とは、普通のOLさんなどのように、朝に出勤して夕方に退勤するという勤務体系です。 たとえば、朝8時に子供を保育園に送り、9時に出勤。夕方4時に帰庫し、5時に子供を保育園に迎えに行く、といった働き方です。主にお子様のいる家庭の女性が、昼日勤を好んで選ぶ傾向があります。

夜日勤

夜日勤とは、夕方5時くらいに出勤して、深夜2時くらいまで勤務する働き方のことです。後述する隔日勤務のドライバーが多いため、夜日勤を敷いているタクシー会社は、そんなに多くははいようです。 夜の飲食街でお客さんを乗車させられる可能性が高くなるため、昼日勤に比べれば稼げる可能性は高くなります。ただ、家庭を持つ女性にとっては、やや働きにくい勤務体系と言わざるを得ません。

隔日勤務

隔日勤務とは、朝8時くらいに出勤して、翌日深夜の2時くらいまで働く勤務体系のこと。1回あたりの勤務時間は18~20時間と長いものの、途中で仮眠をとることもできるため、体力的にはイメージするほどつらくありません。 勤務が終わると、翌日の1日はまるまる明け休みになるため、家族や友人たちと過ごすプライベートの時間が充実しています。すべての勤務体系の中でもっとも稼げるスタイルということもあり、男性・女性をとわず人気の働き方です。

【番外編】キッズタクシーやハイヤー

一般客を乗車させる日勤や隔日勤務とは異なり、タクシー会社によっては、キッズタクシーやハイヤーなどの乗務形態を用意しているところもあります。 キッズタクシーとは、主に固定客を対象に、そのお子様を送迎する仕事。学校や塾、自宅などの間を送迎することが多くなります。

ハイヤーとは、会社の重役や政府関係者など、社会的地位の高いVIPの人たちを、会社や空港などに送迎する仕事。接客・マナーなどの高いスキルが求められる働き方です。 キッズタクシーもハイヤーも、お客さんが初めから決まっているため、収入は安定的。また、特にキッズタクシーの利用者の中には、ドライバーが女性であることに安心する人もいるようです。

タクシー会社における女性ドライバー活用の取り組み

タクシー会社では、女性ドライバー活用について、具体的にどのような取り組みを行っているのでしょう?実在するタクシー会社3社の例を見てみます。

A社

乗務中における万が一の事態に備え、全車に防犯カメラを設置しています。また、社内には女性専用の更衣室を用意しています。 また、車両を男性ドライバーと共有することに抵抗を感じる女性ドライバーもいることから、女性ドライバーしか利用できない専用の車両も用意しています。

B社

仕事に慣れるまでの間の生活を保証する意味で、配属後1年間は、固定給23万円を保証しています。 また、乳幼児のいる世帯の女性ドライバーも多いことから、地域の託児所と会社が提携。子育て中の女性ドライバーでも安心して働けるよう、さまざまな企業努力を行っています。女性教官も在籍中です。

C社

入社を検討している女性に対し、現役の先輩女性ドライバーが1対1で話す機会を設定。女性専用の休憩室や、女性専用のフロアを設置するなど、乗務時間外における女性にも広く配慮しています。 乗務中の万が一の事態に備え、全車に防犯カメラを設置。2019年までに、女性ドライバーを680名採用する目標を掲げています。

女性ドライバーに多い3つの悩み

タクシードライバーとして働くうえで、女性ならではの悩みもあります。よく聞かれる女性ドライバーの悩みを3つ見てみましょう。

社内がクサイ?ハンドルが脂っぽい?

タクシードライバー未経験者は知らないかもことかもしれませんが、乗務に使用する車両は、ドライバー1人に1台を支給されているわけではありません。複数の乗務員が共有して乗車しています。 だからこそ、車内に前の男性乗務員の体臭が残っていたり、ハンドルが脂っぽかったりなど、多くの女性が生理的に嫌悪する状況に直面することもあります。

もとより車内のニオイは、ドライバー以前にお客さんにとって困った事態。ニオイに関するクレームも少なくないことから、近年、車内のニオイ対策を徹底しているタクシー会社も増えてきました。

お客さんに絡まれてしまうのでは?

深夜に営業をしていると、酔っ払った男性客を乗車させることも多くなります。運が悪いと、女性ドライバーであることにつけこんで、絡んでくる男性客がいるかも知れません。卑猥な言葉を連発してくる男性客もいると聞きます。 もちろん、このような例は極めてレアケースですが、可能性をゼロにすることはできない女性ドライバー特有の悩み。このような事態をぜったいに避けて働きたい人は、昼日勤を選んだほうが良いかも知れません。

事故を起こしたらどうすればいいの?

女性ドライバーに限りませんが、万が一、お客さんを乗車させているときに事故を起こした場合、焦って初動を誤ってしまうこともあります。 事故を起こしたら、すぐに警察に電話してください。警察に電話した後に会社に電話し、適切な対応の助言を仰ぎましょう。

下手にあれこれやろうとするのではなく、「警察→会社」という順で2本電話することだけ覚えておけば、事態は収拾に向かいます。

女性がタクシー会社を選ぶときの4つのポイント

女性を積極活用しようという会社もある一方で、いまだ「タクシードライバーは男性の仕事」という旧態依然とした考えの会社もあります。男性はもとより、特に女性にとって会社選びはとても大事。女性がタクシー会社を選ぶときのポイントを4つ確認してください。

先輩女性ドライバーが在籍しているかどうか

すでに女性ドライバーが活躍しているタクシー会社かどうかを、かならずチェックしておきましょう。 女性ドライバーが活躍している会社ならば、女性ドライバー特有のさまざまな事情を考慮した社内体制が作られている可能性があります。逆に女性ドライバーが不在のタクシー会社の場合、あなたが入社してからさまざまな体制作りに着手する可能性があります。当然ながら、前者のような会社のほうが、女性にとって働きやすい環境です。

女性向けの福利厚生があるかどうか

タクシードライバーのうち、女性ドライバーの比率は全体の約2%と言われています。まだまだ男性社会であることは否めません。 だからこそ、男性向けの福利厚生は充実しているものの、女性向けの福利厚生が不完全なタクシー会社もあるようです。産休や育休はもとより、女性専用の更衣室や仮眠室などがあるかどうか、事前にかならず確認しましょう。

女性が働きやすい勤務体系があるかどうか

先にも少し触れましたが、夜間の男性客の中には、アルコールの力も手伝って女性ドライバーに絡んでくる人もいます。そのような事態を避けたい人は、昼日勤を選んだほうが無難です。 現在、タクシードライバーの働き方の主流は隔日勤務ですが、女性の働きやすい昼日勤も用意しているかどうか、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

会社負担で2種免許を取らせてくれるかどうか

タクシードライバーになるためには、2種免許と呼ばれる特殊な免許を取得しなければなりません。しかしながら、タクシードライバーを希望するほとんどの女性は、2種免許を未取得の状態でしょう。 タクシー会社の中には、2種免許の取得費用を負担してくれるところも少なくありません。少しでも自己負担を減らしてドライバーになりたい人は、2種免許の取得費用を全額負担してくれるタクシー会社を選ぶと良いでしょう。

取材協力会社

ロンドンタクシー
引用元HP:互助交通公式ブログ
(http://www.gojyo-taxi.com/2015/10/08/1196/)

タクシードライバーへの調査を進めるにあたり、取材協力いただいたのは、錦糸町駅そばに本社を持つ、「互助交通」という老舗のタクシー会社です。若い世代から、50代60代のベテランさんまで、幅広い世代の社員が活躍しています。

実際にこちらの会社で勤務するドライバーには、アットホームで働きやすい環境が好評で、入社後の二種免許取得サポートや研修、福利厚生も充実しています。志望者の面接は自社のタクシーに乗車しながら行うなど、ちょっと変わった方法で採用しているそうです。

互助交通の採用情報を見てみる

電話で問い合わせる

互助交通はどんな会社?