自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » タクシードライバーの保険について

タクシードライバーの保険について

タクシードライバーを志す人にとって、気になってくるのが自動車保険です。一般的な自賠責保険以外にも色々掛けておかなければならないのは入社前から何となくわかってはいるものの、具体的な内容まで知っている人は少ないのではないでしょうか。知っておきたいタクシードライバーの保険について、少しだけ触れておきましょう。

タクシードライバーの任意保険は義務化されている

タクシー会社に入社すれば、自動的に保険に加入する手続きがおこなわれます。自賠責保険だけでなく、タクシー協同組合の共済保険や保険会社の任意保険に加入することが、国土交通省から法律で義務づけされているからです。

定められている任意保険は、対人賠償8,000万円以上、対物賠償200万円以上(免責30万円以下)で、これに遵守しないタクシー会社は営業することができません。

保険会社の個人用と一般用の違いは?

保険会社の提示する任意の自動車保険は、自家用車を所有する人向けの個人用と法人や個人事業主向けの一般用にわかれていて、タクシードライバーが加入するのは一般用になります。

特に縛りや制限はないため、タクシードライバーでも個人用に加入することは可能なのですが、一般用はタクシー業務のさまざまなリスクに対応した必要な補償を、オーダーメイドで選択できるメリットがあります。

個人用に比べて安価な価格で手厚い補償が受けられるので、ほとんどのタクシー会社やドライバーが一般用を選んでいます。

独立して個人タクシーになると保険はどう変わる?

個人タクシーでもタクシー協同組合に加入さえしていれば、保険の手続きも自動的に協同組合が促してくれます。国土交通省の任意保険の法律は、個人事業主となっても変わりはありません。

そのため組合に加入していないのであれば、自身で保険会社の自賠責保険、一般用任意保険、自動車保険に加入する必要があります。対人、対物の補償で免責の範囲内であれば自己負担となってしまうので内容はよく確認しておきましょう。

中には弁護士費用を補償してくれる特約の保険もあるので、個人タクシーの人にはおすすめです。

まとめ

タクシー業務は長時間となるため、事故が起きてしまう可能性はどうしても高くなってしまいます。いざという時の補償をしっかり備えていないタクシードライバーはプロとは呼べません。自分は絶対事故を起こさないと過信せず、命を預かる仕事であることを自覚して必要な保険は備えておくことが大切です。