自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » ハイヤードライバーとタクシードライバーの違いについて

ハイヤードライバーとタクシードライバーの違いについて

自由に働けるタクシードライバーは、縛られたくないという人には人気の仕事です。近年、大学生の就職先としても隠れた人気の業界。不規則な勤務体制ですが、休みもしっかり取れて、お給料にも満足!働きやすい環境も整ってきているので、女性ドライバーも増えています。今回は、タクシードライバーとあわせてハイヤードライバーについても、それぞれの違いやメリットについてご紹介します。

ハイヤーとタクシーってどう違うの?

ハイヤードライバーとタクシードライバーの違いは大きく分けて以下の3つが挙げられます。

利用客層

街中を常に走っているタクシーは、誰でも気軽に利用することができる身近な存在。一方で、ハイヤーは専属のため一般的にはあまり馴染みがありません。VIP客層が多いのが特徴。政治家、経営者、大企業の幹部、国公賓、ときには海外セレブなどが利用します。主に法人契約で、「完全予約制」であることがタクシーとの大きな違いです。

一般利用の場合は、冠婚葬祭として需要があります。

料金体系と利用方法

タクシーの請求額は、乗車距離に応じて基本料金が加算されるメーターシステムなので明瞭です。走行中のタクシーを見つけて手を挙げれば、すぐに乗車できます。一方、ハイヤーはドライバーが、営業所を出庫してから帰庫までの区間を請求されます。また、「契約期間」や「車種」によって基本料金が変わるので少々複雑で割高です。

サービスの質

共通して求められることは「安全性」「快適性」「正確性」。タクシードライバーは、毎回違うお客様を、状況に応じて目的地までお送りするので、接客以外に地理力も求められます。ハイヤーはおもてなしの送迎車なので、お客様に合わせたきめ細かなサービス、ホスピタリティーを提供しています。

タクシードライバーになるまでの流れ

タクシードライバーは、学歴不問。未経験でも入社可能です。必要な資格は、「第一種運転免許」「第二種運転免許」。入社後でも取得可能です。研修機関では、「地理」「実務」「同乗営業」を経て、晴れてタクシードライバーとしてデビューします。転職者の場合は、タクシー面接というユニークなスタイルで採用する企業もあります。実際に面接官が乗車しながら雑談を交えて面接するという、タクシー業界ならではの採用方法です。

ハイヤードライバーになるまでの流れ

ハイヤードライバーは、学歴不問。未経験でも入社可能です。入社後は、タクシードライバー同様に必要に応じて「第一種運転免許」「第二種運転免許」「地理」について研修を受けます。しかし、誰でも簡単になれるわけではありません。安全性はもちろんのこと、求められるサービスの質が格段に高いため、人物重視で採用する企業も多いのです。前職がホテルマンなどのサービス業経験者、既にタクシードライバーとしての経験値が高ければ、優遇されるでしょう。ホスピタリティーについても学び、晴れてハイヤードライバーとしてデビューします。

気になるタクシードライバーの1日の流れ

とあるタクシードライバーの一日をご紹介します。

午前

車の点検、清掃、空調を整え営業所を出庫します。流しでお客様を見つけます。駅前やオフィス街など交通量が多い場所だと通勤用で見つかりやすいです。

お昼休憩

時間帯は決まっていないので、状況をみて、好きな場所で昼食を取ります。

午後

金曜日の夜は利用客も増える時間帯。大通りや繁華街などで営業します。営業所に帰庫したら、納金作業、車の点検、車内清掃、洗車を念入りに行います。

気になるハイヤードライバーの1日の流れ

社長専属の、とあるハイヤードライバーの一日をご紹介します。

午前

運転前に車の点検、清掃をします。空調を整え営業所を出庫します。お客様の好みに合わせ車内音楽を変えることも。お客様宅へお迎えにあがり、職場までお送りします。その後、スケジュールに合わせて送迎。

お昼休憩 (1時間)

営業先や外食などで昼食をとります。

午後

お客様のスケジュールに合わせて送迎。ご自宅までお送りします。18時~19時頃、営業所に帰庫し、車の点検、車内清掃、洗車を行います。

お給料、休日など待遇面の違い

タクシードライバーは基本給+歩合制。勤務時間は、早朝から深夜までのシフト制です。シフトは、昼勤務・夜勤務・隔日勤務の3種類。不規則なので、健康管理は大切です。待遇は、「年2回の健康診断」「社員寮」「入社祝い金」「資格取得費用補助」「無事故手当」などを設けている会社もあります。

ハイヤードライバーは、シフト制とは限りません。専属ドライバーのため、お客様が土日休みの場合は、ドライバーも休みとなります。もちろん長期休暇も取得できます。待遇は、タクシードライバーとほぼ同様ですが、サービススキル向上のために英会話や海外語学研修などが手厚い研修が充実している会社もあります。

タクシードライバーのメリット

タクシードライバーは、自由度が高いのが特徴。出勤日は、営業所を出庫し帰庫するまでは、基本的に自由です。休憩も、好きな時間に好きな場所でとることができるので、自分のペースで働きたい人にはぴったりの仕事です。地理にも詳しくなり、毎回違うお客様との出会いがあり、毎日が新鮮!営業方法は「流し」という、走りながらお客様を探すパターン、無線配車、利用客が多い駅前などで「待つ」パターンがあります。状況に応じて上手に駆使しコツをつかめば、がんばり次第で月収アップも叶います!近年では女性ドライバーも増えてきているので、ライフスタイルに合わせて長く勤められるよう、福利厚生が整った会社も増えてきています。

ハイヤードライバーのメリット

ハイヤードライバーは完全予約制のため、自分でお客様を探す必要がありません。客層も、特別なお客様が中心。運転する車も高級車のため、非日常の世界感を味わうことができます。求められるサービスの質も高くなります。そうした環境のなかで、自分自身の意識も自然と高まるでしょう。一番の喜びは、専属ドライバーとしてVIP客から指名を受けたとき。また、国際化が進む日本のビジネスシーンでは、外国語が得意な人にはとっても活躍のチャンスが広がります。会社によって、福利厚生の一環として語学研修があるところもあります。語学スキルを高めれば、国際ハイヤーとしてキャリアアップも叶うでしょう。