自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 取材協力会社

取材協力会社

このサイトのタクシードライバー特集のドライバーインタビューに協力いただいた「互助交通」は、東京・錦糸町に本社を持つ老舗のタクシー会社。

昔ながらのアットホームな社風が特徴で、働きやすいと門戸を叩く方々がたくさんいらっしゃるようです。

互助交通の特徴

創業60年と歴史が長いタクシー会社ですが、新しい取り組みに非常に柔軟でアニメキャラをラッピングした痛車タクシーや、ロンドンタクシーを採用した想い出タクシーなど、さまざまな取り組みを行っています。

新卒や第二新卒の若手から、50代、60代のベテランまで、幅広い世代の社員が活躍しています。すでに2種免許をお持ちの方なら70代まで入社可能。

入社後の2種免許取得や地理試験のサポート、社内研修やスキルアップの研修なども充実していて、女性や未経験者でも安心してチャレンジできます。

地元密着・タクシーだけで60年

墨田区・江東区という東京の下町でタクシーだけで展開してきた互助交通。歴史ある会社で、「会社に戻った時に、自宅に帰ってきた安心感」をもつような居心地のよさ・アットホームさが評判になっています。経営陣との距離も近いそうで、実際に社員のアイディアが取り入れられるようなことも。

歴史ある会社でありながら、新しい取り組みもどんどん取り入れているのが特徴です。「タクシー運転手とラーメンを食べにいく」記事を発信したり、タクシーに乗りながらの面接(帰りは送っていってくれるそうです!)をしたりと、目新しい試みがたくさん見受けられます。

企業HPにも、ベテランドライバーさんへのインタビューや新卒ドライバーの対談など、読み応えのあるコンテンツがたくさんです。人間関係などが不安だな…と感じる方は一度公式HPを覗いてみてください。

充実したキャリアサポート

互助交通では、採用から一人前の添乗員になるまで手厚いサポートをしてくれます。社内研修から同乗研修はもちろんのこと、2種免許取得についても取得費用も全額会社が負担してくれるのです。ここでは研修の流れをご紹介します。

これらのステップを踏まえて、公道に出ることができます。研修期間中も日給1万円が支給されますので、安心です。未経験からでも手厚いサポートで一人前になれるということで、さまざまな業種から互助交通に転職してくる方も多いそうです。

さらに、初期の研修だけでなくスキルアップのための研修も用意。時代に合わせて外国人観光客などを迎え入れやすくする環境づくりも特徴的です。ここではそのスキルアップのための研修の一部をご紹介します。

研修を利用して、稼げるタクシードライバーを目指してステップしていくことが可能です。

社員寮などの施設も充実

営業所の近くには社員寮も完備。家賃2万円前後で入寮できるようです。寮だけでなく、社内には休憩室もあり乗務の休憩で会社に戻られる社員も多いのだとか。

気になる車両については、すべてAT車でドライブレコーダー・カーナビ・ETCつき。AT車なので長時間運転でも疲れにくく、カーナビがあれば道が不安でも問題ありません。クレジットカード決済やタクチケ・商品券も利用できるので、お客様を選ばずに乗せることができます。

互助交通だけの面白い取り組み

痛車タクシー

痛車タクシー
引用元HP:互助交通公式サイト
(http://ninjo.gojyo-taxi.com/taxi/itasha/)

互助交通では、他の会社にはない独自の取り組みとして、車体にアニメキャラを描いたラッピングタクシー、「痛車タクシー」を運行しています。

企業の宣伝用としてコラボレーションしているもので、実際に都内を走らせているとかなり注目され、宣伝効果も抜群とのこと。

この痛車タクシーをひっさげて、ニコニコ超会議にも出展してネット上で話題に上がりました。

ロンドンタクシー(想い出タクシー)

ロンドンタクシー
引用元HP:互助交通公式ブログ
(http://www.gojyo-taxi.com/2015/10/08/1196/)

ノスタルジックなデザインのロンドンタクシーに乗って東京観光が楽しめる「想い出タクシー」が好評。互助交通は、ロンドンの街でおなじみのブラックキャブを所有しており、これを使った観光ツアーや結婚式、イベントでの貸し切り運行を行っています。

ロンドンタクシーは天井が高いため、車いすのまま乗車できるユニバーサルデザインの車でもあります。下町や銀座、国会議事堂など、東京で押さえておきたい観光地や最新のスポットを貸し切りで案内し、お年寄りや外国人のお客様に喜んでいただいているそうです。

面接タクシー

面接タクシー
引用元HP:互助交通公式サイト
(http://ninjo.gojyo-taxi.com/taxi/interview/)

さらに、応募者と人事担当者がタクシーに乗車しながら面接するという、変わったスタイルで社員を採用していることにも、アットホームで親しみやすい社風が現れています。

このように、下町の老舗企業でありながら、時代に即した柔軟な発想を取り入れているのも特徴です。

互助交通で働くドライバーの声

互助交通で働くドライバーにインタビューしてみました

収入に関する口コミ

効率アップが売り上げアップに繋がる

互助交通のいい点は、自分の頑張りがお給料に反映されるところです。自分の中で考えた「効率が良い経路」があり、それを覚えれば覚えるほど乗客人数も多くなり、売り上げが多くなります。売り上げアップは給与アップに繋がるもの。目に見える形で成果として現れるのがわかりやすくていいと思います。お客様に直接お礼を言ってもらえると、誰かの役に立っていると実感できるのも良いところです。

手取りで月収40万円が目指せる環境

いくつかタクシー会社の説明会を受けましたが、選考を受けたのは互助交通だけです。対応がよく、他社とは違った独自性のある取り組みに惹かれて選考を受けました。また、この会社なら月収40万円の目標が叶うと確信しています。自分の頑張りがお給料に反映されるので達成可能だと思っていますし、目標達成のためのやりがいを感じられる環境です。現在は徐々に目標に近付いていると思っています。

休日に関する口コミ

休日がしっかり取れるようになり、家族の時間が増えた

前職は建築系の営業職で、休日出勤は当たり前でした。そんな生活なので家族の時間があまり取れず、現状を変えようと互助交通に転職しました。理由は、勤務時間がしっかり決まっていて、休日もきちんと取れると思ったからです。転職後、以前は叶わなかった参観日に出られるようになり、家族からも顔つきが変わったと言われます。家族との時間をしっかり取れるのは、タクシードライバーのメリットです。

ハードワークな前職とは一転、休みがしっかり取れる職場

前職は勤務時間が長く、家族との時間があまり取れませんでした。家族を養うためにも仕事は大切ですが、それより一緒に過ごす時間をもっと取りたいと思い、互助交通へ転職を決めました。月間では12日勤務なので休みは多いと感じています。休日は子供との時間をたくさん取り、一緒にご飯を食べたり家事を分担したりと充実した時間です。子供が成長したら、今度は自分のために時間を使いたいと思います。

季節を感じることができる余裕ができた

転職のきっかけは「自分の実力を試してみたい」という思いからでしたが、休日がしっかり取れるのも良いところです。現在は郊外に住んでおり、自宅で家庭菜園をやっています。季節の野菜を作って楽しみながら、ゆっくりとした時間を満喫。こうした時間を楽しめるのはこの仕事の魅力の一つです。仕事と自由時間を両立したい、趣味を楽しみたいという方には向いている仕事だと思います。

採用情報

給与 月給21万3577円(基本給)+歩合
勤務地 本社営業所・南砂営業所
勤務時間 隔日勤務(午前7時30分〜翌午前1時44分)
応募要件 学歴や経験は一切不問。年齢21~60歳くらいまで。
※2種免許保有者は70歳くらいまで
公休 月6〜8日
入社祝い金 10万円
社員寮 完備・家賃2万円前後/月
2種免許取得費用 全額会社負担
待遇 社会保障完備(健保・厚生・厚生基金・雇用・労災)、賞与2回、社内貸付金制度、生活支援金制度など

公式採用HPはコチラ

電話で問い合わせる

会社情報

会社名 互助交通有限会社
代表者名 中澤 睦雄
設立 昭和30年2月11日
資本金 800万円
住所 本社:東京都墨田区江東橋4-14-7
南砂営業所:東京都江東区南砂7-4-4
従業員数 190名
車両台数 80台
※2015年度「法人タクシー事業者ランク・最高評価AA」を取得

沿革

昭和30年1月 創業(車両数 20両)
昭和44年5月 南砂営業所新設(車両数67両)
平成12年 増車(車両数 101両)
平成22年 減車(車両数 80両)
※タクシー規制強化法(タクシー活性化法)のため