自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 40代でタクシードライバーになるには

40代でタクシードライバーになるには

40代でタクシードライバーになるために、必要な資格や応募の際の注意事項などをまとめてご紹介。タクシードライバー業界において、40代はまだ働き盛りです。転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

資格は必要?

タクシードライバーになるためには二つの資格が必要になり、一つが二種免許、二つ目は地理試験の合格です。二種免許は自動車免許に関する免許の一つ。満21歳以上で、普通・中型・大型・大型特殊自動車のいずれか免許を所有しており、運転経歴が3年以上経過していることが条件です。地理試験は一部地域で必要で、試験に合格して初めてドライバーとして働くことができます。資格取得サポートをしてくれる企業であれば、応募前に資格は必要ありません。

募集要項を確認して年齢制限がないかどうか

タクシードライバーの求人は多く見られますが、40代でドライバーを目指す場合、募集要項の年齢の項目を必ず確認しましょう。タクシードライバーはほかの職業に比べ平均年齢が高めで、40代は業界内でまだ若手と見られることも。ただし、全ての企業が40代を採用してくれるわけではありません。業界の中では若い扱いと言っても、年齢制限が厳しい企業では応募不可となり採用選考から弾かれてしまうので、応募前には必ず確認しましょう。

40代でタクシードライバーとして成功している人をチェック

40代でもタクシードライバーとしてしっかり稼いでいる方は多いです。平均年齢が高い業界内では若手の扱いなので、稼ぐチャンスはいくらでもあります。とあるドライバーの方は、40代で全く違う業種から転職してきましたが、ドライバーという仕事を楽しみながら稼いでいるそうです。また、歩合制を採用している企業であれば、年齢に関係なく頑張りや工夫次第で給与アップが目指せるので、40代でも充分稼ぐチャンスはあります。

タクシードライバーにインタビューしてみました