自由な仕事Navi TOP » 【特集】タクシードライバーになるには » 50代でタクシードライバーになるには

50代でタクシードライバーになるには

50代でタクシードライバーになるために必要な資格や応募の際の注意点、実際に50代でドライバーとして活躍している方をご紹介。50代で転職を考えている方は、是非参考にしてみてください。

資格は必要?

タクシードライバーになるためには、二種免許が必要です。二種免許の取得条件は、満21歳で第一種免許を取得しており、運転経歴が3年以上経過している必要があります。これらの条件を満たしている方は、自動車教習所で二種免許の試験受験が可能です。技能教習、学科教習に合格すれば、二種免許が取得できタクシードライバーになれます。一部地域ではこれに加え地理試験が必要となるので、応募の際に必要資格の項目をしっかりチェックしておきましょう。

募集要項を確認して年齢制限がないかどうか

募集要項の年齢チェックも重要です。タクシードライバーはほかの職種と比べ平均年齢が高めと言っても、全ての企業が50代の採用を行っているわけではありません。近年ではドライバーのイメージ改革が進み、若い方でドライバー志望という方が増えています。このため、募集要項で年齢制限を厳しく設定している企業も。とは言っても、年齢に関係なく転職しやすいのがタクシードライバーの特徴です。応募前に年齢制限がないかどうか、忘れずにチェックしましょう。

50代でタクシードライバーとして成功している人をチェック

50代でタクシードライバーとしてデビューして活躍している方も少なくありません。とあるドライバーは、50代でドライバーに転職し、業界トップを目指すために日々努力しています。その努力が反映され、給与も未経験とは思えないほどの高収入となっているそうです。また、子育てがひと段落した50代の女性ドライバーも数多く活躍しています。まとまった休みが取りやすいドライバーの仕事は、ライフスタイルに合わせやすい働き方のようです。

タクシードライバーにインタビューしてみました