自由な仕事Navi TOP » 人間関係から自由に!人と関わらない仕事 » 清掃員

清掃員

人間関係に煩わされず自由に働きたい方へ。ここでは、チームワークよりも一人での清掃作業が求められる清掃員の仕事について紹介します。

清掃員の仕事は、商業施設やホテル、オフィスビル、駅、病院、電車内、パチンコ店、賃貸物件などなど場所はさまざまで仕事内容も異なっています。

仕事の内容は文字通り掃除が主体ですが、ホテルの客室清掃にはベッドメイクやアメニティの交換、補充といった作業もあります。

具体的な仕事内容やどんな人に向いているのかを見ていきましょう。

体力がなくても未経験でも黙々と作業ができる人が向いています

清掃員の仕事というと、体力勝負といったイメージを持つ人も少なくないでしょう。しかし、清掃の仕事は勤務先によって仕事内容が大きく変わるため、必ずしも体力勝負とはかぎりません。

仕事のスタイルもさまざまで毎日同じ場所を掃除する場合もあれば、毎回日異なる現場で仕事内容が頻繁に変わることもあります。

黙々と作業するのが得意で細かいところまで気配りができる人に向いているので特におすすめですが、清掃員の仕事は、未経験でも可能で、時間にも融通が利くので、働き方の選択肢もたくさんあります。

接客業務などに苦手意識がある人もマイペースで働けます。自分のライフスタイルや得意分野にあった求人を探してみてはいかがでしょうか。

清掃員の1日の仕事の流れは現場によってさまざま

清掃という業務自体に大きな違いはありませんが、働く場所によって仕事の内容が大きく違うため作業時間にも違いがあります。場所によっては早朝や深夜であったり、お昼の休憩中に行う場合もあります。

働く日や時間帯によって給与アップも

清掃員の平均年収は180万円〜300万円が相場と言われていますが、土日、祝日や深夜、早朝は高めに設定されていたり、手当がついたりする場合が多いようです。

清掃員の勤務体系

清掃員の勤務体系は勤め先により異なります。多くの場合はシフト制で、休日はある程度自分で調節可能です。正社員やアルバイト、雇用体系により同じ職場でも異なってきます。ここでは、清掃員の一般的な勤務体系についてご紹介します。

勤務時間はシフト制が多いので自由度が高い

清掃員の勤務時間はシフト制が一般的です。毎日行う仕事としては、壁や床掃除、窓ふき、トイレ改修やゴミ回収があげられます。不定期にある仕事はワックスがけやエアコン掃除といったもので、これらの仕事がある場合、仕事時間が長くなることも。基本的にはシフト制なので、自分の都合に合わせて出勤や休日を決めることが可能です。一日の勤務時間は8時間以内で、場合によっては数時間で済むこともあります。たとえば同じオフィスビルでも、フルタイムで掃除をするところもあれば、ビル内に人がいない深夜や早朝の数時間をかけて掃除をするなど、勤務時間はまちまちです。自由度が高いシフトで仕事をしたい場合、応募時にしっかりチェックしましょう。

残業時間は仕事場所により異なる

労働基準法では、一日の勤務時間は8時間以内、週の勤務時間は40時間と決まっています。ブラック企業など勤務体系の問題が表面化しやすい現代、多くの企業はこれに準じていますが、残業になる場合も少なくありません。たとえば床のワックスがけやエアコンの掃除などは、そこに利用者がいない状態で行う必要があります。残業が多い仕事場もあれば、ほとんどない仕事場もあるので、残業時間に関しては一概にないとは言い切れません。ただし、勤務時間外の残業が発生した場合、その分の手当を支払う必要があります。特に深夜の仕事は深夜手当で通常より多く報酬が支払われる傾向に。より多く稼ぎたい方は、深夜手当が出る勤務先を探しましょう。

シフト制なので休日は自分で調整可能

前述の通り、清掃員はシフト制が一般的なので、ある程度自分で休日を決めることができます。年間休日は固定しておらず、カレンダーが休みでも出勤することは珍しくありません。この分平日に休みが取りやすい傾向にあるようです。ただし、これも勤務先により大きく異なり、ビルを使用している時間に合わせて清掃も並行して行う場合、休日はビルを使用しない日となります。このような勤務形態になると、通常の会社員と同じ休日になることが多いです。一方で休日に決まりがない勤務先も多いので、休日の度合いは同じ清掃員という職業でも、大きく異なります。応募時に休日の要項は必ず確認して、自分に合う勤務先を探しましょう。

仕事も生活も!楽しく働ける仕事の選び方

清掃員は本当に自由な仕事と言えるのか?

自由という観点で見た清掃員のメリット

清掃員募集の要項を見ると、「未経験者歓迎」「学歴、年齢不問」と記載されいているところが多いです。このため、誰でも始めやすいというハードルの低さと、誰でも働ける自由度の高さがあります。また、アルバイト経験のみ、フリーターの方でも正社員に採用されやすい仕事で、頑張れば安定した働き方も可能に。清掃先によって勤務時間が変わるのも特徴的で、早朝や深夜に仕事というケースも珍しくありません。このような場合、ほかのバイトとの掛け持ちも楽にできます。昼間の時間を自由に過ごせるのは、ほかの仕事ではなかなか見られない特徴です。

自由という観点で見た清掃員のデメリット

清掃員の仕事内容や出勤頻度、勤務時間は勤務先により異なります。しかし、年末年始はどの勤務先も忙しい傾向にあり、場合によっては休みが取れない可能性も。勤務先の休日情報は、事前にしっかりチェックしておきましょう。また、清掃可能時間が長い場合、昼夜勤務で不定期のシフトになるケースがあります。このように、勤務先によっては時間の自由度が低くなるので、注意が必要です。さらに、清掃員は給与が安いというデメリットがあり、生活の選択肢が狭まってしまうため、自由度は決して高くありません。安定した給与で働けるほかの職場を探す、という選択肢もあります。

あなたにとって自由な仕事が分かる!職業一覧