自由な仕事Navi TOP » 髪の長さも色も変えたくない!髪型自由な仕事

髪の長さも色も変えたくない!髪型自由な仕事

自由な髪型で働ける仕事をご紹介。長さや色、自分らしいヘアスタイルで自由に働ける仕事は、意外と多くあります。ここでは仕事の一例とともに、自由な髪型で働くことのデメリットもまとめました。

自分のスタイルやイメージを変えずに働きたい!

ヘアスタイルは自分らしさを象徴する重要なパーツです。おしゃれ目的だけではなく、バンドマンや大手SNS投稿者など、見た目も重要な客商売をしている方もいます。このような方が兼業を考えたとき、ヘアスタイルの制限がある勤務先は厳しい条件となってしまうことも。

また、おしゃれに気を使っている方にとっても髪型は重要です。仕事の都合で自由な髪型ができないとなると、場合によってはストレスになってしまうことも。近年では仕事や働き方が多様化しており、ヘアスタイル自由な仕事も増えています。どうしても髪型を変えたくない、そんな方はヘアスタイルに制限がない仕事を探してみましょう。

第一印象が悪いイメージがある男性の長髪

自由な髪型で働くというのはデメリットもあります。特に男性は、髪の毛が長いと不潔という印象を与えてしまいがちです。一般的な男性のヘアスタイルは短髪というイメージもあり、男性の長い髪は大きな違和感を与えてしまう可能性があります。きちんと手入れをしていても、清潔な印象を与えるのは難しいです。また、女性もきちんと手入れをしていない髪型では、不潔な印象を与えてしまいます。派手すぎる色や髪形はどうしても注目を集めてしまいますし、髪型が与える印象は大きいと念頭に置いたうえで、自由な髪型で働ける仕事を探しましょう。

意外とある髪型不問の仕事

自由な髪型で働ける仕事は、意外とたくさんあります。以下に一例をご紹介するので、仕事探しの参考にしてみてください。

居酒屋

自由な髪型で働ける代表的な仕事です。多くの居酒屋は髪色の指定がなく、髪型が自由だというメリットを全面に出して従業員を募集しているところも珍しくありません。従業員の年齢層は10代から20代と比較的若く、意外とお客様ウケがいいという理由から、代表的な髪型自由の仕事としてあげられます。また、派手な髪色は暗い店内でも目立ち、自分を華やかに演出できるのも利点です。

居酒屋の仕事内容を見てみる

パチンコ店

パチンコ店では、基本的に従業員の髪型は自由です。ネイルも制限していないので、男女問わず派手な見た目で働くことができます。店内は常に賑わっていてお店自体の雰囲気が派手なので、店員の見た目に関しての制限は緩めです。店員の派手さを売りにしているお店も珍しくありません。ただし、大手など店舗によっては制限があるので、応募の際はきちんとチェックしましょう。

パチンコ店の仕事内容を見てみる

ダンサー

ダンサーはさまざまなイベントに出席する機会が多い仕事です。ダンスの技術も必要ですが。見た目のインパクトも重要となります。このため、髪型は派手な方が好まれる傾向に。目立つことも仕事の一つです。また、髪型でおしゃれな人は好感度が高く、ダンサーだけでなく講師も派手な髪型の方が多く見られます。

ダンサーの仕事内容を見てみる

水商売

水商売と一言でまとめてもさまざまな職種がありますが、大半はいわゆる「夜のお仕事」です。見た目の華やかさが売りで、金髪などの派手な髪の毛も商売道具の一つと見なされます。きれいに手入れされている髪の毛は相手に好印象を与え、見た目がパッと華やかな印象に。水商売において、黒髪などの地味な色合いの方は逆に少ないです。

水商売の仕事内容を見てみる