自由な仕事Navi TOP » 条件に合った自由な仕事探し » 自分のペースでできる仕事について

自分のペースでできる仕事って?

フリーランス

新しい働き方の一つが「フリーランス」です。企業に属さず自分の能力やスキルに依った仕事をする方を指しますが、具体的な定義はなく、場面や人によって解釈が異なります。おおまかなイメージとしては、会社に属さないで自分で仕事を取ってきて、案件ごとに契約を交わし報酬を得るという働き方です。フリーランスの仕事にはさまざまなものがありますが、翻訳家、イラストレーター、デザイナーなど、特化したスキルが必要となる仕事が多いもの。会社に属さない働き方なので自分の裁量が必要となりますが、きちんと計画を立てれば自分のペースで働くことができます。

フリーランスについて詳しく見る

自営業

自営業は「自立して生計を営んでいること」を指し、会社に属さず起業主である自分が全てを決めるという働き方です。一般的には税務署に開業届を出して個人事業主となり、自営業を始めます。どんな仕事をするのかは自由です。スキルを活かした仕事、やりたかった仕事など選択肢は幅広く、仕事の時間も自分で決められるので、自分のペースで働くことができます。ただし、自営業は自由度が高い働き方である一方、デメリットも多くあります。開業する前に自営業のデメリットやリスクをしっかり把握しておき、事前にできることは対策や予防法を立てておきましょう。

自営業について詳しく見る

タクシードライバー

タクシードライバーは、タクシーを使ってお客様を安全に目的地まで送る仕事です。給与は歩合制のところが多く、働けば働いた分収入がアップします。会社のデスクに座って仕事をする、というスタイルではなく、どのエリアで働くかはある程度自由の利く仕事です。また、休憩時間も基本的には一人なので、リラックスして過ごすことができます。タクシードライバーは企業所属なので、社会保障や基本給などある程度の保証は完備です。フリーランスや自営業と比べ、完全に自由な仕事ではありませんが、リスクが少なく安定した働き方ができる仕事と言えます。

タクシードライバーについて詳しく見る

自分のペースで稼ぐには

自分のペースで稼ぐには、まず案件の処理能力など、自分の実力を正確に見極めることが大切です。フリーランスや自営業の場合はこれらを正確に判断し、月にどのくらい稼ぎたいか目標を立てて、一日にどのくらいの仕事量で働けばいいのか、きちんと計画を立てましょう。計画内でしっかり働けば、自分のペースを保ちながら安定して稼ぐことができます。タクシードライバーの場合、勤務時間は会社が決めることに。所定の時間内で自分のペースで稼ぐには、この時間はここで営業をする、この時間はお客様が少ないから休憩するなど、時間割を立てておくのがおすすめです。自分のペースを維持しながら効率よく働くことができます。